INFORMATION

daily life

2019.03.26

味わうセンサー

 

 

 

 

 

今年に入ってから、10日に一度くらいのペースで行っているトレッキング。

週末に行った約6時間かけての縦走コースの途中、あちこちでたくさんの春の息吹を発見した。

 

 

 

 

 

なんの生産性もないのに、なんでわざわざきつい思いしに行くのか?

と、よく聞かれる。

 

物事の感じ方は千差万別。

この質問者に対して私的な答えはただの言葉にしかならないと思い、私は決まってこう言うのだ。

 

その答え、確かめるために一緒に登ってみる?

 

尋ねた半分くらいの人は即答で断られるが、半分は行きたい!!と前向きな反応を示す。

で、実際に登った人達は、決まってまた行きたいと言う。

翌日にはトレッキングシューズを買いに行き、買ったシューズを写メして来た人もいる。

やる気満々になりウエアの大人買いをして、次はいつ行くのかと連絡して来た人もいる。

 

お。伝染してる、伝染してる。

思わずにやり。

 

若い頃は、どこか前のめりな野心や欲があり、あれもこれもやらなきゃと浮き足立ち、うわべだけの情報に踊らされ、ヒステリックで多呼吸な生き方をしていたと思う。

実際に、呼吸もかなり浅かったことだろう。

止まったら終わりだとばかりにその流れで進み続け、ある時、気力と体力のバランスが交差する年齢に差し掛かり、疲労が積もり気力低下の現象が現れる。

そのスパンはどんどん短くなり、頻度が多くなってくる。

 

嗚呼、このことを先輩達は言っていたのか。

 

まず、それらを受け入れることがスタートだった。

自分の身体と内面に投資をする時間を確保するようにした。

 

まず、ヨガで実際の浅い呼吸を正し、筋肉の緊張をほぐす、同時に食事のリズム、質、内容を見直す。

意識的に太陽の光を浴びる。

そんな見直しのあれこれの延長にトレッキングが加わった。

 

これまで休日というものを殆どとらずに仕事をしてきたのだが、晴れた日を狙って定期的にトレッキングを始めたことで、それが休日であるという新しいチャンネルになった。

仕事の効率と集中力があがり、メリハリがついてきた。

 

始めた頃は呼吸が乱れ全く周囲の景色を愉しむ余裕もなかったが、経験回数が増えてくるとその日のペースを探りながら安定した呼吸をコントロールしつつ、新しい発見ができるようになってくる。

 

先週、初めての縦走を体験しながら思い返してみた。

この5,6年の自分の生活改革の共通点は、競い合うステージからの離脱ではなかっただろうか。

 

元々、平和主義な方で物事への勝ち負け目線はなかったのだが、

こうでなければ、最低限ここまでクリアしていなければ、自分は人より劣っているのだから。

自分は出遅れているのだから。

そのような自分への叱咤があふれんばかりにあったように思う。

しかし、その対象となる人が実在したわけではない。

 

現実の自分が理想の自分に競争していたのだろう。

ひとり相撲。

 

ヨガの教えや、素材を生かした食の自由さ、等しく与えられている雄大な自然の営み、この5,6年で出会った世界は、どれももっと早く始めていればよかった、そう思うものばかりだった。

 

利便性と時短を声高に謳う昨今、我々は「味わう」という奥行きのある時間をどんどん捨ててしまっているように思える。

 

味わうことは、時間をかけることであり、手間をかけることだ。

それが内的豊かさの蓄積となり、外的に漂うゆとりというものに転身する。

 

かつては選択が少なかった余興も、いまでは多様複雑化している。

能動的に不便な環境に身を置かなければ、味わうセンサーはどんどん鈍化、劣化、欠損、しまいには消滅してしまい、人間と動物が逆転してゆくのではないかと不安になったりする。

 

味わうセンサー。

それは、五感がスムーズに起動することである。

 

この世にある限り、余るほどの感動を体験したい。

これは、私の変わらぬ欲望だ。

 

たとえどんな修行を積んでも、私はこの欲を捨てられないだろう。

 

 

 

 

 

2019.03.13

北九州個展のお知らせは、ひとつ戻ってね!!

 

 

 

2度目に訪れたスイスでは、ぜひ手に入れたいものがあった。

 

銀色のシンプルなフォルムで、品の良い繊細な柄の彫りのカランダッシュのペン。

 

 

 

 

本当は、ずっと万年筆が欲しかったのだが、なかなか気に入るものが見つけられず、字も上達せずでどことなく諦めてしまっていた。

でも、この年齢になってくると、ボールペンでは済まされないシーンが度々出てきて、やはり万年筆に代わるものを持っておかなければと思い始めていた矢先に、スイス製のカランダッシュというペンメーカーのものを知った。

もちろん日本の文房具店でも、ネットでもポチッと購入できる。

でも、私は文房具店そのものがとても好きで店構えが気になる。

購入は次回のスイスの旅まで待つことにした。

 

チューリッヒで訪れた老舗文房具店は、内装もお客様も店員も全てジェントルマンな雰囲気が充満していた。

大声で話す人は、誰もいない。

子供さえ大人のようなふるまい。

まるで図書館のような空気感だ。

 

9身頭と思われる抜群のスタイルの販売員の女性は、試し書きをするための机と革張りのゆったりとした椅子のコーナーへと案内してくれた。

なるほど。

文字を書くシーンに忠実な環境で、試し書きをさせてくれるのか。

考えてみれば当たり前だ。

そもそも立ったまま試し書きして購入というのも、おかしな話だ。

100円の使い捨てペンじゃないんだから。

 

書き味、重量感、たたずまい。

文句なしに好みであった。

繊細な彫りの模様も、迷うほどの種類でどれも魅力的だった。

買い物決断の早い自分にしては、ずいぶん目移りした。

 

中でもこのメーカーのペンを個人的に高く評価した点は、実はキャップを閉めた時の音だ。

精密な作りに裏付けされたとっても落ち着いた音で、品物の確かさを使う度に感じさせる。

ペンは、文字を書くための道具であるが、その役目を終えキャップを閉めた後、ペンが道具を越えて自尊心を表すような音で少しだけ存在を示す。

それが、ペンを使う者を安寧な充足感とでも言おうか、独特の満たされた気分にさせてくれるのだ。

たとえ字が美しくなくても。

 

誰かに何かを伝えるためのペン。

そのペンを使い終わった後、余韻に浸れる少しの間。

その間に心地よさと豊かさを与えてくれる。

これは、アナログなものにしか味わうことのできない贅沢な間だ。

 

ものがたてる音は、品質を如実に表しているように思う。

グラスの縁と縁が触れ合って優しく乾杯をした時の音。

ドアを閉めた時の音。

コーヒーカップを置くとき、テーブルとカップが調和してたてる音。

ソファに腰掛けた時、クッションが身体を受け止め吸収する音。

身につけている衣擦れの音。

 

どんなに上等な装いでも、そのものが出す音が安っぽいと、品質、いや隠された本質を垣間見た気がして途端にがっかりする。

 

 

人は、それ以上にそうであるのかも知れない。

 

口から出る言葉が、その人が持つ音であるならば、たいそう気をつけなければなるまい。

せめて、醜い言葉は使うまい。

 

キャップを閉めながら、そう思うのであった。

 

 

 

 

 

2019.02.28

鼻先くすぐる匂い

 

 

 

ご挨拶が遅れましたが、無事に京都展が終了いたしました。

 

お運び頂きました皆様誠に有難うございました。

 

 

 

さて。

空気の中にも寒さは残りますが、すっかり気分は春支度。

 

お天気がよいと用事もないのにぶらつきたくなるのが、この季節。

他所様のお庭に咲き始めた色々の春の花が、とてもありがたく感じるものです。

我が家の近くの民家のそばを通ると、銀木犀の香りが漂ってきます。

ここを通る時は、少し歩調をゆるめ、決まって深呼吸をする。

その道を過ぎると、今度は焙煎珈琲店の香ばしい匂いが全身を包みます。

そして、もう少し進むとガーデンショップがあり、春の花やハーブの苗たちが店頭に並び、目にも香りをくれる。

 

匂いというものは、気持ちを安らげたり、一気に体調へと直結したり、過去の記憶を思い起こさせたりと五感の中でもある種特殊な感覚。

 

この地球という星に生まれてよかったな。

 

と、全身で思うのが春である。

 

未だ花粉症に悩まされていない私は、非常にラッキーである。

そう思いつつ、天気がよいとうろうろするのである。

 

 

 

 

 

2019.01.30

何をか奏でる

 

 

 

楽器が弾けたならどんなによいだろう。

もう30年近く思い続けている。

よし、今年は挑戦してみよう!

好きな曲を一曲弾けるようになればいいんだから、せっかくなら弾いてみたい楽器にしよう。

弦楽器だ。

新しいことを始めるのにベストな年初めにあれこれとリサーチをしたのは、ちょうど1年前の1月のことだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生かかって、一曲でもよいから弾けるようになればいい。

楽器はチェロかバイオリンが憧れ。

 

しかし、正しい音を出すまでが果てしなく難しいという事実は、8年習っているというお客様から聞いたことがあった。

それらは、とりあえず棚の高〜い部分に置いたとして、調べれば調べるほどそれ以外の部分で断念する理由が、自分にとってはあまりにも多かった。

 

楽器購入は、噂どうりなかなかに気合のいる金額だ。

最初は、教室の貸し出しを利用させて頂くとして。

まずは、教室。

福岡の街の規模では、立地条件の合いそうな教室は思った以上にそう多くはなく、

おまけに大人はきっぱりとお断り、初心者もご遠慮な所があり、選択肢は狭まる。

教室候補があらかた定まったとして、何においても練習は必須。

毎日しましょう、初心者は特に。

どこで?

マンション住いの方は、クレームになるので練習用にサイレントバイオリンのオススメ、若しくは消音機を楽器につけて練習しましょうとある。

楽器メーカーがアップしていたサイレントバイオリンでの演奏動画を拝見。

動画を見ながら、習い始めた方々のレビューを読み漁った中で気になる事が書いてあったことが頭の中を占め始めた。

ひどい肩こりや頭痛に悩まされるという。

それは、まずい。

仕事で肩こりや頭痛があまりにもひどく、ジョギングやジム、あれこれやった末にたどり着いたピラティスやヨガ。

それを5年続けてきた今、漸く激痛の間隔がロングスパンになりつつある。

仕事も趣味も肩こり頭痛要因だなんて、本末転倒だ。

 

夢に膨らんだ情熱の炎はみるみる灯火と化し、動画を見終わる頃には完全に消火され、煙さえも確認したような気がした。

 

弦楽器は、全くの未経験者にはあまりにも敷居が高すぎた。

 

そんな経緯をかつてピアノをやっていた友人に話したところ、ウクレレが一番入りやすいよ。

持ち運べるし、練習もできるし。

楽器の値段も手頃だし。

なんだかあなたがウクレレ持ってる姿、めっちゃおもろいわ!

と、にやにやして私を見る。

ウクレレかあ。

アロハシャツを着たドリフターズの高木ブーがちらつき、語尾が下がる私。

 

あ!それかクラシックギターがいいんじゃない?!

今度は真面目な顔ぶりの友人。

!お!

いいねぇ!

広陵としたスペインの丘の上のオリーブの木の下で、遠くモロッコからの風に黒髪のストレートヘアーをたなびかせて、物憂気にギターを弾く誰かの姿がちらついた。

これ、誰?

とにかくステキ!

 

よし!また教室探してみる!

 

と、鼻息荒く自宅に帰って再び検索。

 

そして、教室を検索していたはずなのに、なぜかクラシックギターの巨匠、セゴビアのCDアルバムをアマゾンで購入し、すっかり満足して1年が経ってしまった。

 

楽器を習い始めるまでにこんなにも時間がかかるものなのだろうか。

ネットなんかであれこれ検索しなきゃよかったか?

挙句、まんまとネットでお買い物しちゃって、完全に振り回された感。

ネットの出現で疑似体験満足する人が増え、従来の経済の動きと全く違う動きが出てきたとよく耳にする、私はそれを体現したのか?

 

小さい頃に情操教育の一環として、何かしらの楽器をお稽古事でせめて習っておきたかった。

 

 

画像は、先月遊びに来た東京の友人の趣味というウクレレ。

どこに行くにも持ち歩いているらしい。

ショートボブの彼女がウクレレを奏でる姿は、とても可愛らしかった。

どこにもドリフターズの影はなかった。

 

楽器と彼女自身に違和感がなく、マッチングしていて心地よさそうに弾く様を見ながら、いつの日か私もマッチングした楽器で心地よく何をか奏でたい。

そんなことを思ってしまう諦めの悪い私に再会してしまったのであった…。

 

 

 

 

 

2019.01.20

宝石のカケラ

 

 

 

キッチンの棚を掃除していたら、手が当たり愛用の砂時計を落として割ってしまった。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事に上半分が砕け、少しだけ飛び散った白い砂とガラスを片付けながらひとり呟いた。

覆水盆に帰らず。か。

 

 

初めて一人暮らしを始めた日の日曜の午後、掃除や洗濯を済ませて床に寝転がると、じっくりと自分の部屋を眺めて思った。

 

今、ここにあるものが私の持ち物の全てだ。

これらと通帳に入っているお金を合わせると文字どうり全財産ということか。

 

不思議な気持ちだった。とっても身軽な反面、1人だとこれっぽっちで生活ってできるものなのかという思い。

これから始まる。

好きなように始められるという気持ちで、少ない持ち物であることが、寝転がった視野の先に見える青空のように清々しく、さっぱりと心地よかった。

当時からインテリアには強い憧れがあった。

休みの度に家具屋さんやインテリア雑貨店を巡るのがとても楽しかった。

何も買えなくても楽しかった。

サラリーマンとして働き始めて最初のボーナスで、それまで何度も見て狙っていた、少し毛足の長いオフホワイトの小さなラグを思い切って買った。

一気に部屋が華やいで見えた。

花を一輪買いに行き、飾るともっと素敵に見えた。

 

翌日、嬉しくて一番仲のよかった同僚に話したら、見たい!見たい!となり休日に他の同僚達4人が集まってご飯会する事になった。

 

それぞれが一品ずつ持ち寄って、早めの夕方からのご飯会に全員が集まった。

 

まず乾杯をとワイングラスを持ち上げようとした寸前、同僚の男性がワイングラスを倒してしまい、オフホワイトのラグに赤ワインがドボドボこぼれて大騒ぎになった。

 

全員    わああああ!!!  わ、あああー!

Y         染み込む!しみこむ!

N         ごめーん!!

F         末野!タオルタオル!!早よ持ってきて!!!

S         濡らしたタオルがよかよね。

Y         あーあっ、今、末野は、心の中で絶対泣きよるばい!

N        ごめん。ほんと申し訳ない、末野、ごめん。

S         よかよ、だいぶ分からんくなったやん。気にせんどき。

F         よりによって赤!白やったらまだよかったちゅうに!

Y         ほんとや、誰が赤やら買うて来たと?

N        オレ。

Y         それもあんたや!ほんなこつ!だいたい末野も白かラグやら買うけんたい!

S         ごめん。赤にしときゃよかったあ。

全員     笑。

Y         ま、覆水盆に帰らずたい!

 

 

 

懐かしい。

赤い染みのついたラグをみんなでわいわいとタオルで拭きながら、不思議と悲しくはなかったのを覚えている。

 

建築家ルコルビュジエの有名な言葉がある。

 

「おうちは、暮らしの宝石箱でならなければならない。」

とても好きな言葉だ。

 

どんな設えにするか、自分にあったものを時間をかけてイメージしながら、ピタッとくる出会いを待つ。

暮らしながら少しずつ手を加えてゆく。

年齢とともに暮らし方や興味の対象、環境も変化してゆく、それに合わせてインテリアは少しずつ育てるものだと思う。

 

あれから引越しを7回程している。

幼い頃からも引越しが多く、少ない家具の生活に慣れていたのもあるせいか、当時からずっと持っている家具はさすがにない。

でも、今の自分にとって心地よい空間になってきた。

 

おうちの中の宝石は、家具や持ち物だけを表しているのではなく当時のラグ騒動のシーンも含まれるように思う。

 

見事に半分に割れた砂時計をそのまま捨てるにはちょっと惜しくて、キズのある真珠で蓋を作って本棚に置き、眺めながら思った。

 

君は、我が家の宝石のカケラだね。