INFORMATION

daily life

2019.07.02

よこたわる孤独と沈黙

 

 

 

 

夏には、おおきな木はおおきな影をつくる。

影のなかにはいってみあげると、周囲がふいに、カーンと静まりかえるような気配にとらえられる。

 

おおきな木の冬もいい。

頰は冷たいが、空気は澄んでいる。

黙って、みあげる。

黒く細い枝々が、懸命になって、空を掴もうとしている。

けれども、灰色の空は、ゆっくりと旋るようにうごいている。

 

冷たい風がくるくると、心のへりをまわって、駆け出してゆく。

おおきな木の下に、何があるのだろう。

何もないのだ。

何もないけれど、木のおおきさとおなじだけの沈黙がある。

 

 

詩人 長田弘 「おおきな木」一部略より

 

 

 

 

 

日本には、ご神木という言葉があるように、立派な木を見ると多くの人が意識せずとも静かに深呼吸をするものではないだろうか。

 

時間や心を次々と奪われてしまうような日常。

油断すると月がどんどん変わり、季節が変わってしまったことに街ゆく人々の装いや、ショウウィンドウのディスプレイで、はたと気づかされることがある。

 

君には何万年時間が用意されているつもりなんだね。

 

人生の大先輩が、友人に言った言葉らしい。

 

私は、その時、お会いしたこともないのに、その方の言葉を直接耳にしたような気になったのを今でもはっきり覚えている。

 

樹齢何百年、何千年、木は全てを見て聞き知っている。

そんな気になるからだろうか。

おおきな木の前に立つと、時間の概念を超え、心静かに深呼吸をする。

 

そして、そこに横たわる孤独と沈黙に包まれる。

 

それは、決して寂寥の想いではない。

 

私にとって、海とは全く違う種類の感覚だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.06.24

静けさの中で

 

 

新緑が煌めき清潔な風が吹き渡る朝。

午前8時20分。

前方をゆく女性は、長い長い石作りの階段をゆったりとしたリズムで登っていた。

奉幣殿の鳥居の下まで登りきると一度立ち止まり、呼吸を整え背筋を伸ばし、一礼をするとひとり静けさの中に消えていった。

 

 

 

 

 

日本三大修験の霊場として栄えた通称、彦山権現、英彦山神宮。

福岡県と大分県にまたがる英彦山は、北岳、中岳、南岳に分かれていて、英彦山神宮は中岳の頂きに、そして中腹に上津宮、その下に中津宮、下津宮、その更に下に奉幣殿がある。

 

奉幣殿を通過し、登山道に入るとほどなく法螺貝の音が山に響き渡ってきた。

音のするあたりを見回す。

朝の光が木々や岩肌に反射し、光の柱を作る。

響き渡る音が、見るものに神々しさを与える。

法螺貝の音の隙間をぬうようにしてカッコーの声。

 

生まれたての空気に包まれ、心のざわつきが煙のように消えてゆく。

 

 

 

 

 

 

登山者に人気のある山は、なるほどそこに身をおけば納得するものだ。

他人の説明やレビューの情報は重要ではない。

街中で暮らす人間にしてみれば、存在すら記憶の底になってしまっている音や景色が数多ある。

それらを直接的に感じることで奥底に押し込まれた記憶が溶かされ、身体中の細胞に染み渡る。

 

こんな体験をどの山でも味わう。

 

歴史大河ドラマでしか聞いたことのなかった法螺貝の音。

修験道の法具のひとつ、法螺貝の吹き方には8種類ほどあるらしく、説法であったり、問答、集合、など吹き分けできるようになるには相当な時間がかかるのだとか。

 

そこにあるべく音。

 

 

標高1000メートル超える中岳の頂に辿り着くと、英彦山神宮のあまりの立派さに驚いてしまった。

想像以上だった。

 

まだまだ驚くべきことや知らないことが多くあるのだと、改めて己の無知さ見識の乏しさを知るのであった。

 

年齢とともに、記憶の底にぺしゃんこになってしまいそうなものが随分と溜まってきている。

新しいもののアップロードと奥底にこびりついているもの。

心の棚卸しの時間をもつべきと思った。

 

心の前に立ち、

呼吸を整え背筋をのばし、

一礼し鳥居をくぐるようにして、

 

静けさとともに心の中へ。

 

 

 

 

 

 

 

2019.06.13

アートが満たす幸福感

 

 

 

画家の友人に誘われて、禅寺で催されているお寺ミュージアムという展覧会を訪れた。

 

急な誘いではあったが、告知サイトを拝見したところ興味深さが湧き、早めに仕事を切り上げて同行させてもらう事にした。

 

 

 

 

 

 

この季節は街を歩くのもなかなかに気持ち良い。

百貨店周辺の異国感溢れる人々の雑踏を抜け、中洲の昼間の姿やオフィス街の終業近い顔を眺めながら、お寺の集中している御供所町エリアに向かう。

 

友人と明るい雑談や笑える近況、お互いの仕事のコアな話などゆらゆらと語りながら歩く。

ときおり吹く水無月独特の冷たさを含んだ風が、殊のほか心地よくバスを使わずに正解だったね、そんなことを話しているうちに到着した。

私は、展覧会会場や美術館に向かうアプローチ、あの独特の間がとても好きだ。

 

角を曲がると石畳の周りの箒の掃き目と手入れの行き届いた新緑が、清々しい風を心に届けてくれた。

 

ガラリ戸を引くと、上品なお香がふわっとたちあがった。

 

あ!きっと、素敵な展示がなされている。

とてもいい気が流れていた。

油絵、墨象、流木人形、イラスト、染め。

 

グループ展なのに一貫性と空間とのマッチングがしっかりなされていてとても心地よい展示だった。

出展者の方々も皆さん、素敵な方々だった。

それぞれの作品が持ち合わせている落ち着きのある確かさのようなもの。

それが、会場の空間に反映しているのではないかと感じた。

キャリア。

やはり数多の経験という礎の上に生み出されたものは、作品の中に立つとじんわりと伝わるものなのかもしれない。

 

先程ふらりと入って来られた異国のお客様がかなり作品を気に入られて、ご購入の運びとなったらしいのだが、実はかなりフライト時間が迫っていたことがわかり、慌てて厳重梱包をしてお渡ししたとお話しされていた。

 

旅先で出会うアートは、旅を何倍にも印象付けてくれ、幸福度が増すものだ。

私も過去に、プラハやバルセロナ、チェンマイとあちこちの旅先で出逢った絵や彫刻、抱きかかえるようにして飛行機に乗った経験が幾度もある。

金銭以上の満足がある。

 

異国の旅人もおそらく今頃は、梱包をとき幸福感を味わっていることだろう。

 

 

 

 

展示スペースに入りひと目で私の心を捉えた墨象アートがあった。

 

見た瞬間、飾る場所も決まった。

黒いフレームサイズの違う4枚の写真とヌードデッサンを飾っている壁面にレイアウトを少し変えて飾ろう。

墨象、デッサン、モノクロの写真。

きっと混ぜて飾っても違和感がないはずだ。

 

梱包をとくのが待ち遠しい思いで、帰りはバスを使って帰宅した。

 

金銭以上の満足と幸福感。

それが、アートという存在であると思う。

素敵な出逢いは、思いがけないタイミングでやってくる。

その瞬に、金銭価値を消し心で感じる価値をキャッチし決断する。

 

そうやって少しずつ増えてゆく小さなアートたちは、我が家で共にいろんな時間を生きてゆく。

 

自分にとっての価値を持つこと。

これは、生きてゆく上でとても大切なことのように思う。

 

今朝ベッドで目がさめると新しく仲間入りした「雫」というタイトルの墨象が目に入った。

 

計算はしていなかったのだが、ベッドで横になって見た時のこの墨象画に思いがけず新しい美しさを発見した。

少しひんやりとした水無月の早朝、ベッドの中で墨象を見つめながら再び幸福感が増した。

 

 

 

追記。

画像は全て展覧会会場のものです。

我が家ではありません…

話題にしました我が家に仲間入りした墨象アート。

きちんと撮影しましたら、改めてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

2019.05.27

鹿児島個展のお知らせはふたつ戻ってね!!

 

 

 

自分の足で立ち、歩くこと。

味わった感覚を体中に染み込ませること。

触れた感触を心で感じること。

 

 

 

 

日々の生活の中で何度となく巡ってくるこの体験は、全く同じものはないというのにどこか気もそぞろになり、ないがしろになりがち。

 

全てに意味づけを求め無駄を省きたがる現代では、ただシンプルにその行為を味わうことを忘れがちだ。

正確には、どこか損をしているいうような気分になり、更に何かを盛り込むことでしか充実感を得られなくなっているほどの気忙しさだ。

 

リラックスするべき入浴時も美味しい食事の前でも、ともすれば睡眠前のベッドの中で目を閉じてさえも、頭の中は閉じることはなくせわしく別なことに意識がとらわれていることにふと気付く。

 

頭の中の幾つもの扉を開けっ放しで日常を過ごすことを 、少しの瞬間でもよいから手放さなければ。

そう改めて感じることを体験した。

 

先日、沢沿いを歩きながら流れる水の音が耳に心地よく、水の在り処まで近づいてみた。

水があまりにも綺麗で、触ってみたくなった。

ひんやりして気持ちよかった。

掬って口に含んでみた。

顔を洗いたくなった。

靴を脱ぎ、足を浸してみたくなった。

 

水はびっくりするほど冷たくて、身体中をのろのろと進んでいた血が一気に快活に流れ出し、まるで血そのものが入れ替わったような気分になった。

 

なんて、気持ちいいんだろう。

頭の中まですっきりした。

うぅうー、きもっちいい!!!

早く、早く、やってみて!

友人に半ば強制するかのように、思わず声を張り上げていた

 

慌てて靴を脱ぎ始めた友人の顔は、期待でほころんでいた。

そこら中にきゃあきゃあと黄色い声が鳴り響く。

 

気温は30度近い。

 

それから車に乗り込んでも1時間近くは、体中がシャキッと気持ちよくそのくせ、頭の中はめったにないほどリラックスしていた。

行き交う車は全てエアコンをかけているのか、窓はきっちり閉まっていた。

身体中に行き届いた冷たい沢の水を味わっていたくて、車の窓を全開にした。

犬がよくするように車の窓から顔だけを出し、目を細めながら顔を撫でる風をいつまでも感じていたいそんな気分になった。

 

こんな体験をした日は、即物的なものへの価値が落ち、これ以上の贅沢はないと思えるほどの満たされた気持ちになる。

 

ただ、沢の中の水に触れただけなのに。

 

シンプルな行為に満足感や充実感を得られなくなったら、人はどうなるのだろう。

 

犬のポーズで茜色の空を見ながら、ぼんやりと考えた。

 

 

 

 

 

2019.05.18

鹿児島個展のお知らせはひとつ戻ってね!

 

 

 

 

この頃しばしば話題にする山譚。

他人に登山と言ってよいのかどうか躊躇する、まだまだトレッキングな域であるのだが、初めての山はどんな出会いがあるのかという楽しみと同時に無事に登山道を辿り下山することへの緊張感がある。

山道には曲がり角にコンビニがあるわけでもなく、横断歩道や標識があるわけでもない、交番もなければ道を尋たい人と都合よくすれ違う保証もない。

季節が変わると目印になるほど繁っていた木も、ガラリと様子を変えてしまい方角が不確かになる。

雲がたちこめてくると前方の視界も悪くなる。

雪山などは、想像しただけで恐怖だ。

 

当たり前じゃない。だから遭難事故が起こるのでしょ。

そう思うかもしれない。

 

頭で理解できていても、実際その場に身を置くと全身でその事を感じ、改めてぞっとする時がある。

 

 

 

 

遭難は、山の高さや経験値に関係ないと経験豊富な方が語る。

私はまだ低山ばかり選ぶようにして登っているのだが、地図が読めるようになりたいと思い始めた。

読図というらしい。

登山学校のクラスに参加するつもりだったが、タイミングが合わず今回は見送り、とりあえず一番わかりやすそうな本を手に入れてみた。

 

現代は山に特化した地図アプリを何社も出している。

山でスマホを出してみる事に最初は抵抗があったが、使ってみると山先輩達の助言通りなるほど確かに便利で優秀だ。

この頃では、地図や方位や高度、気圧、気温、脈拍、全てをスマホではなく腕時計で管理。

スマートウォッチへと進化推移している模様。

 

これらを使うことで安全確保にも繋がる仕組みとなっている。

真っ向からアンチテーゼをふかすのは、あまりスマートではないと思い始めているところだ。

しかし、これらはスマホやスマートウォッチが正しく機能することが大前提。

つまり、充電は必須。

 

万が一。

を意識すると、やはりテクノロジーに完全に頼るのはキケンだ。

というわけでまずは本にて、読図の下勉強開始した次第である。

 

早速、大型書店に出向き、過去に登った山エリアを探し、国土地理院の作った地形図なるものを、地形図専用の棚の抽出しからするりと一枚抜き取ってしげしげと眺めた。

本屋に行ってもこの棚の横を通ることはあっても、開けたことなどなかった。

 

渋い。

集めたくなる。

地図好きな私、棚の前で座り込みひとりこっそりと悦に入っていたら、小学生くらいの男の子と父親らしき男性やってきて、どこかの地形図を探し始めた。

 

パパ、あったよ!

よし、一枚取って。

さ、行くぞ。

 

親子の背中を見送りながら、今まで意識もしなかった世界の片隅に自分がいることを確認した思いだった。

読図は、慣れてくると地形図を見るだけで3Dで山の形状が読めてくるのだとか。

それは、さぞ面白いだろう。

頭の中でイメージしたものを体を動かしながら実体験とあわせてゆく登山は、それが出来るものにしか解らない愉しみとなるのだろう。

 

早くそうなりたいものだ。

と念じつつ、読図の本を開き少しずつページを読み進めるのであった。