INFORMATION

daily life

2017.03.10

おとなの雛祭り

 

 

昨日をもちまして無事に熊本個展が終了いたしました。

ギャラリーさんからお電話頂き、最終日ぎりぎりの時間までお客様がおみえになり、お客様方も喜んで下さっていたし私自身もとても楽しかった、という感想のお言葉を聞きながら、作り手冥利につきる喜びをかみしめた次第でした。

 

お会いできたお客様、すれ違いましたお客様、全てに心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

さてさて。

我が家に飾られている、陶雛。

 

昨年の秋、入り口の頃。

個展で上京した折、親しくしている作家さんと東京の合羽橋をぶらぶらして、あんみつを食べて浅草寺を30年ぶりに訪れた。

若い頃は感じなかったが、江戸の香りが少し残っているこの界隈にこそ東京の良さを感じる、次回は寄席を楽しんで江戸前寿司を楽しみたいものだ。

そんな話をしながらゆらゆらと歩いていたら、ふと思い出したように聞かれた。

 

お雛様って持ってる?

年甲斐もなくって思うかもだけど、島根の陶芸家のお雛様なんだけどこれがなかなか渋いのよ。

きっとあなたの好みだと思う。

お部屋にも合うんじゃないかな。

よかったら、貰ってくれない?

私には娘はいないし、自分もモノを作る仕事してるから作家さんのものだと思うとなかなか捨てられないのよね。

 

昨年の秋入り口、そうやって我が家にやってきたのが、この陶雛。

 

もしも私がこの陶雛に早くに出会ったならば、迷わず買っただろうと思うほど見事にストライクゾーンの私好みだった。

早く飾りたい!!と頂いた作家さんに興奮気味にお礼の電話をしていたら、実は急いで送ったのにはワケがあると話してくださった。

 

旧暦の9月9日は、重陽の節句というものがあり菊を愛でる節句としては知られているけど、梅雨と夏を越して仕舞われているお雛様を虫干し兼ねてまた出して飾りましょう。

そんな、後の雛という節句でもあるという。

長寿と健康を願う、別名「おとなのひな祭り」と言われているらしい。

 

知らなかった。

 

日本の行事、祝日の意味も、よそさまの国の行事に派手に押されて印象が薄くなるどころか、存在さえ知らないという有様。

そういえば幼い頃に家庭にひとつはあった日めくり暦の中には、その日にまつわる多くの情報が書かれてあったように思う。

私が仕事で関わっているギャラリーのオーナーさんが、いつか話していた。

必ず大安の日から個展を開催するように日にち設定をするのだけれども、それを知ることができるカレンダーがこの頃少ない。と。

 

 

私も世に出ると疑いようのないおとなではありますが、母国の事もよく知らない無知なおとなとしてこの日本に長年生きております。

 

年長者とのお付き合いは、そんな自分にはとても刺激的です。

この場を借りまして、改めましてお礼を申し上げたいと思います。

そして、

変わらず渋かわいい姿で、現在2度目のお披露目中です。

 

日本人の大切にしてきた風情、風流、慣習。

季節のしつらえ。

なかなかによいものです。

 

 

 

 

2017.02.24

変身する春たち

 

 

雛人形のような一輪挿しに出会った。

キッチンや本棚の隙間、カフェテーブルの上、どこに置いても優しい乳白色が花の色を引き立てる。

 

花が挿されていない佇まいは、建築の始まりをイメージさせる柱のようで美しいフォルムだ。

 

 

 

我が家には今、いろんな春がいる。

茎も蕾も咲いた花も、そして風に揺れる姿も、終始可憐な花で、一目惚れ。

 

 

 

やっぱり春の花の王道は、チューリップ。

花弁の先端がすっと尖った新種で、蕾の時間はかなりスタイリッシュな形だったが、咲くとかなり大胆な形に変身する。

その変身ぶりが醍醐味のチューリップ。

そこが、好みだったりする。

 

 

 

 

 

 

寒い時間からふかふかの春の時間へと進む。

心も変身、したいですね。

 

 

 

 

2017.02.15

今日の足あと

 

 

今日、私のために私自身のために何をしよう。

 

 

 

 

 

 

我が家のすぐ隣に駐車場がある。

持ち主は知らないのだが、その方はおそらく徒歩でやってくるのだろう、駐車場に置いてある商業用の特殊な大きな車に乗り、毎朝決まった時間にエンジンをふかし出掛けて行く。

 

冬の夜明け、まだ朝陽が昇る前にそこら中に響く車のエンジン音。

 

 

今日が始まる。

目覚まし代わりとなっている見知らぬ人の車のエンジン音を確認すると、ベッドの中で今日の予定をイメージし組み立てる。

 

そして、そのあとおまけでもひとつ考える。

 

今日、私のために何をしよう。

 

今日、私は私自身のために、花を買おう。

 

ちょっと奮発して春色の花々を買い込み、背の高い大きな花瓶に活けた。

どこに置こう。

いつもの床置きをやめて、小さなダイニングテーブルの上にどんと置いてみた。

 

いいじゃん!!

まるでそこに、にこにこと誰かがやってきたかのようだ。

 

 

今日の足あと。

今日、私は私自身のために花を買ったよ。

 

 

 

 

2017.02.05

千変万化の居場所

 

 

この陽だまりの中をうごめくわずかな風。

 

季節が変わろうとしている。

時間が変わろうとしている。

 

 

 

 

周囲が変わると、心の有り様も変化する。

心が変われば新しい自分になれるのか。

無意識下で居場所をずいぶんと探し求め続けてきた。

 

この街、かの土地、あの国、方々探し回った安寧なる居場所は、現実にはどこにもないという声が明確に聞こえ出す。

けれども、まだ訪れていない場所が一か所ある。

そこへ向かうためには、手段を会得しなければならない。

 

彷徨い続け、気分屋で、疑り深い、それでいて影響を受けやすい、流れゆく、訪れるのが難しい場所。

 

不安定なものの全てが集合している全く見えないその場所に、居場所を築けという言葉が体中に響く。

 

ここは、私の理想の居場所だ。

決断することで、たちまちにしてその土地は見え始めるという。

 

今、

この陽だまりの中にうごめく風の中に、居場所があった。

 

千変万化する居場所は、いつどこへ。

 

万事この場所に。

不動のここに。

常に共に。

 

 

 

 

2017.01.22

エアメールバランス

 

 

親しくしている人から昨年のクリスマスに届いた贈り物。

 

思いがけず届いた贈り物の包みを開けると、以前から気になっていて欲しかったものだった。

 

 

 

 

 

 

一緒に買い物をしていた時に反応を示してた私の様子を記憶していてくれたようだ。自分自身は日々の煩雑さに紛れすっかり忘れていた。

それだけにとっても嬉しかった。

電子メールで全てを澄ませるよりは、少しだけアナログなスペースを残しておきたいと、自筆にはさっぱり自信ないが、何かと切手を貼って送る機会を持つようにしている。

 

 

 

時には、お礼の心付けにチョコレートを同封したり、写真やポストカードを同封したり。

そんな時の為に目盛りも見やすく、デスクのすぐそばに置いていてもサマになる。

 

封をした後、切手を貼る前の測量。

たったそれだけの刹那。

これから、その刹那が楽しい時に変身する。

 

頓挫しているペン字も、また始めようかと思わせてくれる。

 

文房具には、夢がある。

アナログだからこその夢が、ふわふわと広がっている。

便利でスピーディなものが持つ夢の広がりとは、また異なり。