INFORMATION

daily life

2019.05.27

鹿児島個展のお知らせはふたつ戻ってね!!

 

 

 

自分の足で立ち、歩くこと。

味わった感覚を体中に染み込ませること。

触れた感触を心で感じること。

 

 

 

 

日々の生活の中で何度となく巡ってくるこの体験は、全く同じものはないというのにどこか気もそぞろになり、ないがしろになりがち。

 

全てに意味づけを求め無駄を省きたがる現代では、ただシンプルにその行為を味わうことを忘れがちだ。

正確には、どこか損をしているいうような気分になり、更に何かを盛り込むことでしか充実感を得られなくなっているほどの気忙しさだ。

 

リラックスするべき入浴時も美味しい食事の前でも、ともすれば睡眠前のベッドの中で目を閉じてさえも、頭の中は閉じることはなくせわしく別なことに意識がとらわれていることにふと気付く。

 

頭の中の幾つもの扉を開けっ放しで日常を過ごすことを 、少しの瞬間でもよいから手放さなければ。

そう改めて感じることを体験した。

 

先日、沢沿いを歩きながら流れる水の音が耳に心地よく、水の在り処まで近づいてみた。

水があまりにも綺麗で、触ってみたくなった。

ひんやりして気持ちよかった。

掬って口に含んでみた。

顔を洗いたくなった。

靴を脱ぎ、足を浸してみたくなった。

 

水はびっくりするほど冷たくて、身体中をのろのろと進んでいた血が一気に快活に流れ出し、まるで血そのものが入れ替わったような気分になった。

 

なんて、気持ちいいんだろう。

頭の中まですっきりした。

うぅうー、きもっちいい!!!

早く、早く、やってみて!

友人に半ば強制するかのように、思わず声を張り上げていた

 

慌てて靴を脱ぎ始めた友人の顔は、期待でほころんでいた。

そこら中にきゃあきゃあと黄色い声が鳴り響く。

 

気温は30度近い。

 

それから車に乗り込んでも1時間近くは、体中がシャキッと気持ちよくそのくせ、頭の中はめったにないほどリラックスしていた。

行き交う車は全てエアコンをかけているのか、窓はきっちり閉まっていた。

身体中に行き届いた冷たい沢の水を味わっていたくて、車の窓を全開にした。

犬がよくするように車の窓から顔だけを出し、目を細めながら顔を撫でる風をいつまでも感じていたいそんな気分になった。

 

こんな体験をした日は、即物的なものへの価値が落ち、これ以上の贅沢はないと思えるほどの満たされた気持ちになる。

 

ただ、沢の中の水に触れただけなのに。

 

シンプルな行為に満足感や充実感を得られなくなったら、人はどうなるのだろう。

 

犬のポーズで茜色の空を見ながら、ぼんやりと考えた。

 

 

 

 

 

2019.05.18

鹿児島個展のお知らせはひとつ戻ってね!

 

 

 

 

この頃しばしば話題にする山譚。

他人に登山と言ってよいのかどうか躊躇する、まだまだトレッキングな域であるのだが、初めての山はどんな出会いがあるのかという楽しみと同時に無事に登山道を辿り下山することへの緊張感がある。

山道には曲がり角にコンビニがあるわけでもなく、横断歩道や標識があるわけでもない、交番もなければ道を尋たい人と都合よくすれ違う保証もない。

季節が変わると目印になるほど繁っていた木も、ガラリと様子を変えてしまい方角が不確かになる。

雲がたちこめてくると前方の視界も悪くなる。

雪山などは、想像しただけで恐怖だ。

 

当たり前じゃない。だから遭難事故が起こるのでしょ。

そう思うかもしれない。

 

頭で理解できていても、実際その場に身を置くと全身でその事を感じ、改めてぞっとする時がある。

 

 

 

 

遭難は、山の高さや経験値に関係ないと経験豊富な方が語る。

私はまだ低山ばかり選ぶようにして登っているのだが、地図が読めるようになりたいと思い始めた。

読図というらしい。

登山学校のクラスに参加するつもりだったが、タイミングが合わず今回は見送り、とりあえず一番わかりやすそうな本を手に入れてみた。

 

現代は山に特化した地図アプリを何社も出している。

山でスマホを出してみる事に最初は抵抗があったが、使ってみると山先輩達の助言通りなるほど確かに便利で優秀だ。

この頃では、地図や方位や高度、気圧、気温、脈拍、全てをスマホではなく腕時計で管理。

スマートウォッチへと進化推移している模様。

 

これらを使うことで安全確保にも繋がる仕組みとなっている。

真っ向からアンチテーゼをふかすのは、あまりスマートではないと思い始めているところだ。

しかし、これらはスマホやスマートウォッチが正しく機能することが大前提。

つまり、充電は必須。

 

万が一。

を意識すると、やはりテクノロジーに完全に頼るのはキケンだ。

というわけでまずは本にて、読図の下勉強開始した次第である。

 

早速、大型書店に出向き、過去に登った山エリアを探し、国土地理院の作った地形図なるものを、地形図専用の棚の抽出しからするりと一枚抜き取ってしげしげと眺めた。

本屋に行ってもこの棚の横を通ることはあっても、開けたことなどなかった。

 

渋い。

集めたくなる。

地図好きな私、棚の前で座り込みひとりこっそりと悦に入っていたら、小学生くらいの男の子と父親らしき男性やってきて、どこかの地形図を探し始めた。

 

パパ、あったよ!

よし、一枚取って。

さ、行くぞ。

 

親子の背中を見送りながら、今まで意識もしなかった世界の片隅に自分がいることを確認した思いだった。

読図は、慣れてくると地形図を見るだけで3Dで山の形状が読めてくるのだとか。

それは、さぞ面白いだろう。

頭の中でイメージしたものを体を動かしながら実体験とあわせてゆく登山は、それが出来るものにしか解らない愉しみとなるのだろう。

 

早くそうなりたいものだ。

と念じつつ、読図の本を開き少しずつページを読み進めるのであった。

 

 

 

 

 

2019.05.07

皐月のおもてなしテク

 

 

 

この時期は青空の下が気持ち良い。

 

冷たい飲み物が恋しくなってきたこの頃です。

友人に教えてもらったちょっと真似してみようと思ったおもてなしテク。

 

 

 

 

 

山の道路脇に垂れ下がるようにして咲いていた藤の花。

 

これらを使って。

 

 

 

 

山藤の花びらを盛り込んだ氷を作ります。

 

家庭用の冷凍庫で作る氷なので、溶けるのが早いですが先日早速お客様にお出ししたところ、見た目にも涼しげでなかなか素敵でした。

 

 

 

ミントの葉も良いかもね。

 

我が家でも青空と風の気持ちよい日は、ベランダで外カフェや外ランチを楽しんでおります。

 

皐月の季節はよいなあ。

 

 

 

 

2019.04.29

小さな進歩

 

 

 

ゴールデンな週間に突入しておりますが、目下わたくしは来月末からの鹿児島個展に向けて必死です。

ゴールデンな週間が明けた途端にサクサクと動き出せるようにと、休み無視してもくもくと日々の予定をこなしております。

 

 

 

 

 

 

 

前半は、お天気がすぐれない模様。

山に誘惑されずに済むので、密かにホッとしている。

 

先日、丘の上に住む友人宅にしばらくぶりに遊びに出かけた。

バス停のちかくなのだがいつも自宅から歩いていくようにしている。

いつも歩いて40分近く。

 

福岡市の眺望も良いところなので、急な階段もあるし、坂も多い。

 

しかし、先日気づいたのだ。

 

到着まで30分。10分早く着いた。

しかも、息切れがしていた階段をあっさり登りきり、坂道も息が乱れなかった。

 

あれ?

 

思えば、最初に友人宅に行った頃はトレッキング始める前。

 

ひょっとして、ひょっとすると。

 

人間、幾つになっても訓練で進歩するものなのだなあと。

小さな進歩が嬉しかった。

そうか、友人は敢えて生活の場に訓練を盛り込んだ日常を過ごしているのかもしれない。

 

誰と比べるものではないが、少し前の自分にできなかったことが、できるようになる。

 

たとえ慣れであったとしても、苦に感じないのであれば、それは進歩と呼んでもいいのではないか。

 

 

友人宅のインターホンを押す心が、いつもより軽やかに感じた。

 

 

 

 

2019.04.21

嗚呼、春爛漫

 

 

 

連日、山活な話が続いておりますが、今回は春爛漫な画像をお届けです。

 

 

 

 

 

福岡県太宰府近辺にはトレッキングを楽しめる山々が幾つかある。

なかでも全てのコースを制覇すべく4回連続で登っている山が、毎回

違った顔を見せてくれるから全く飽きない。

ソメイヨシノが終わった後に堂々たる咲きっぷり。

八重桜がたわわに美しく。

 

 

 

少し歩くと、新緑が眩しく

 

 

 

傷ひとつない梅の実たちは作り物のように美しく。

 

 

 

スギの木に絡みついた山フジがあまりにも見事で、まるでツリーの飾りのようになっていたのに、驚き。

 

 

少し歩いて振り返ると、ティアラをつけたような様を発見してまた嬉々とする。

 

 

そうやってあっちにふらふら、こっちにふらふらと、

やっと登山口まで辿り着き、しばし山行が始まる。

 

お昼の場所を決めた辺りには、再び絵になる一本桜。

土塁跡地に咲く一本桜の傍を通り過ぎる親子。

春の空にのんびりと飛行機雲。

 

 

 

 

下山コースの少し日陰の多いエリアでは、同じ方向に両手を広げたようにして新芽を携えたシダ群。

アンテナ受信中?

 

 

あら、可愛らしいシダの赤ちゃん。

 

 

 

そうやって今日の山活はかなりのんびりで、植物撮影が楽しかった。

 

 

嗚呼、春爛漫。