INFORMATION

daily life

2022.01.20

香りの儀式 その弍

 

 

 

続編のお話しです。

 

その壱ではアトリエではひとつの作品が完成した日、後片付けののちに香を焚く。

が習慣化したお話しでしたが、今回は我が家での香りについてです。

ショウルームも兼ねた自宅には様々な来客があるのですが、生活を兼ねたスペースに招き入れるということでずっと気がかりだったことが、自分には分かりにくいその家の独特の匂い。

これは、家に限らずオフィスや店舗にも不思議とあるように思います。

 

これに関しましては、以前住んでいた時からもうずっと試行錯誤をしていた。

竹ひごを使ったディフューザーを使用してみたり、アロマを焚いたり、コーン型のお香を焚いたり、ルームスプレーを噴霧してみたり、リネンウォーターを利用してみたり、あらゆることを試してみた。

なかなかピンとこなかった。

 

ある時、鹿児島の老舗お茶屋さんの暖簾をくぐった途端、香ばしくて爽やかなお茶の香りが広い店内を浄化するように包みこんでいた。

 

 

 

 

実は、茶香炉も試したことがあったのだが香りが思うほど広がらなかったのだ。

香りの方向を見ると大きめの素敵な茶香炉が目に入った。

これくらいの大きさだったらこんな広いスペースでも香りが充満するのか。

お店の方に販売をされているのかと尋ねた所、偶然にも知っている陶芸家の作品でお店のために作ってもらったものだという。

 

実家近くの窯元のその陶芸家を訪ねてもよかったのだが、ものつくりとして駆け出しの頃からお付き合いのある伊万里の陶芸家に頼んでみようと思った。

ちょうど私の個展に顔を出してくれたこともあり、昨年、春に依頼をしたところ快く引き受けてくれて秋に出来上がってきた。

 

 

 

 

大きさと色の希望だけ伝えて置いたのだが、自宅に届けてくれた陶芸家は

包みを開けながら、

「なかなかいいできなんですよ!」

キャンドルの出し入れと上皿を温める時間とキャンドル消費を考慮した出し入れしやすい小さな取手付きの燭台や大きめのキャンドルで照明器具として使う時のための平たいトレイや上皿のとって付きの替えのもの。

カスタマイズできるパーツを広げながら、実演しながら説明してくれた。

 

わ!わ!わあ!

 

大興奮する私のそばでにやにやする陶芸家。

実は茶香炉は、はじめて受けた依頼だったのだが、作り出したら面白くてカスタマイズのパーツが増えたという。

その試行錯誤の間に工房にお見えになったお客様がとても気に入ったらしく早速注文が入ったとのこと。

 

 

 

ちょっと存在感のある茶香炉の定位置は玄関先。

来客の半時ほど前から焚き始めるとなんともちょうどよいあんばいに香りが広がるのです。

廊下をつたい、リビングまでさわやかなお茶の香りが届いてきて、

ああ、日本人でよかった。

色々試してみたがやっぱりこの香りがいちばんしっくりくる。

そう改めて感じました。

夕刻からの来客の際は、透かし模様の影が壁に映り雰囲気の良い灯りも兼ねます。

 

仕事が立て込んでいて思うように掃除が行き届かない時、どうしても片付かない部屋を見て余計に気疲れするもの。

そんな時、玄関先を掃いて軽く掃除機をかけたあとに、茶香炉に火を灯す。

そうやってしばらくするとお茶の香りが広がりはじめると、思わず深呼吸する。焦っていた心が落ち着いて洗浄されてゆくような気持ちになるのです。

人はバタバタしていると気付かぬうちに呼吸が浅くなる。

茶香炉を焚くとお茶の香りが広がり必然的に深呼吸をする。

この深呼吸と香りがリセットボタンの役割をするようです。

 

 

どんなに寒くても窓を開け放ち空気を流してから茶香炉に火を灯すときりっとした香りが漂います。

 

 

 

 

 

 

創作工房 橘窯

@t.tachibanagama インスタグラムにて作品や展示会情報などご覧になれると思います。

もちろん、この茶香炉ゲットできます!

 

 

 

 

 

 

 

 

2022.01.14

香りの儀式 その壱

 

 

 

 

 

贈り物。

いつもよりくたくたになってアトリエから戻り、ポストを確認すると分厚い封書の郵便物が届いていた。

 

宛名に見るのびのびとした文字は、私よりひと回りほど若い友人のものだとすぐに分かった。

空が夕焼けの優しい色に染まり始めていた。

温かい飲み物を用意して窓辺のロッキングチェアに座って封を切った。

 

え!何これ!なにこれ!

 

 

 

 

私の名前のお香だった。

しかも私の好きな香り白檀入り。

彼女はアロマライセンスを取得していて効能にもかなり詳しい。

会うと必ずいろんな話で盛り上がるのだが、いつもハッと思い出したように

「右手を出してください。ハンドマッサージしてあげますよ。」

と、持参してきたオイルやタオルを手際よく広げて、その時の季節などに合わせてブレンドしてきたオイルの効能を説明してくれながら、温かい手でマッサージを始めてくれる。

「手を使うお仕事だから、やっぱりすごく凝ってますよ。」

手をマッサージして貰うってこんなに幸せな気持ちになれるんだ。

毎回、とろけそうな心地になる。

チャーミングな笑顔の彼女が、

へへへ。見つけちゃった!みゆきのお香!びっくりしました?

そんな声が聞こえてこた気がして、さっきまでのくたくたな気分が一気に和らいだ。

 

 

サプライズな香りの贈り物は実は2回目。

昨年、愛知県にお住まいの長いお付き合いのお客様から、感染者が激増でショウルームにまだ行けませんが、オープンのお祝いにと贈り物が届きました。

ピアノの鍵盤モチーフの箱を開けるととっても綺麗な色が整然と並んだ京都の好きなインセンスメーカーのものだった。

 

香りの香調を組み合わせて楽しんで下さい。

と、達筆な文字のメッセージカードが添えてあった。

 

 

 

 

これまで香りの違うインセンスを何本も組み合わせて使うという発想はなかった。

でも、よくよく考えてみると、組香遊びでは幾つも混じった香りを当てっこするわけだから、香りの階調を楽しむ使い方は何も特別なことではないわけで、これまで知っていたそのことはただの点の知識であり、実生活で取り入れるという線の知識にはなっていなかったのだとはたと気付いた。

まさに点が動いた瞬間だった。

 

綺麗で使うの勿体無い。

けど、使いたい!

どんな時に使おうか。

 

そうだ。

アトリエでひとつの作品が完成し切った日に後片付けが終わった後、その時の気持ちに近い香りのものを焚こう。

出来上がったひとつの作品を清める。

そんな思いで使い始めた。

 

頂いたインセンスの贈り物がきっかけで、昨年から制作工程のひとつの儀式となった。

 

今年はこのみゆきのインセンスが香りの儀式となる。

今年もどうか怪我のない制作で、ひとつひとつ佳き気持ちを込めた作品をたくさんたくさん生み出せますように。

 

香りは贅沢だと思われがちですが、常に動き続ける心を静かに留め、清めてくれるもの。

現代社会では、心をゼロベースにするためのひとつのツールではないでしょうか。

 

 

次回は、我が家の自宅での香りについてのお話しということでその弍、続編です。

 

 

 

 

 

 

 

2022.01.04

2022 年 新年あけましておめでとうございます!

 

 

 

 

 

九州地方のお正月は初日の出にも恵まれて、素晴らしい天気でした。

 

昨年は、後半がかなり立て込んだ日々を過ごしましたが、お正月は少しのんびりすることが出来まして本日より仕事始めとなりました。

 

 

 

昨日、今年初ライドということで秋吉台カルストロードにチャレンジしました。

前日の夜にバイクを車に積み込み準備し、まだ夜も開けぬうちに静かに自宅を出発。

関門海峡を渡り切って振り返ると橋の骨組みの隙間にすっぽりと朝陽が上がり、とても美しかった。

絶景はいつも写真に撮り損ねるものだ。

現地に着きバイクを下ろして準備が整い走り始めた時、時計は午前9時前だった。

 

 

 

地中の鍾乳洞、秋芳洞の方は若い頃何度も行ったことがあったのだが、地上のカルスト台地の方はどうにも行った記憶がない。

改めて日本一のカルスト台地は圧巻。

なかなかの迫力だった。

今は季節柄冬枯れの台地だが、夏の草原色の頃はまたさらに趣が増すことでしょう。

 

実はこの秋吉台はアメリカ軍とニュージーランド軍が砲撃練習場として目をつけていたらしいが、当時の県知事さんの度重なる書簡や、地元の人々の反対運動により8年ほどかかって守り抜いた末に今の秋吉台があるという。

 

ひとまず展望台に向かい、このような秋吉台にまつわる豆知識を看板にて学習しまして、いよいよカルストロードライド開始。

風は冷たいが朝陽が辺り一面を黄金色に染めて、気分爽快。

なんというドライブコースだろう。

まるで異国でライドしているような気分になり、景色の中にいる自分に酔いしれた。

びっくりするほどの渓谷になっている地形をぐるぐるとアップダウンを繰り返しながらひたすらに下ってゆく。

もうこのまま秋芳洞の地中に潜ってしまうんじゃないかというほどのひたすらのダウンヒル。

どれだけ下るのか。帰りはこれを上る。

上れるのか?

風を切って下りながら、私史上初のヒルクライム挑戦の覚悟を決めた。

 

下り切った底の部分に大正洞広場があり、観光客やバイクのツーリング客、珍しい車や外車のドライブ休憩所として賑わっていた。

 

ジェットボイルでお湯を沸かしてコーヒーブレイクを済ませると、

いざ、ヒルクライムのスタート。

 

ひとつ目の坂、クリア。

ふたつ目の坂もクリア。

問題はこの3つ目…

100メートル進むごとに1メートル高度が増す。

これをサイクリストの間では、斜度1%として呼んでいる。

かのツールドフランスのコースには、最大斜度26%というステージがあるらしいからもはや人の技とは思えないレベルだ。

 

と、話を現実に戻しますが。

この3つ目の坂は私には、かなりしんどかった。

クロスバイクでも一部カーボンを使用した車体の軽いバイクではあるのだが、車体も重いし、背負っている小さなザックや着ている服、いろんなものが重く感じる。

心拍数がいくら出ていたか手首のスマートウォッチすら見る余裕もなかった。

だめだ、無理はするまい。

まだ最低でもあと2回は坂があった筈だ。

 

一旦、降りて脈を整えつつバイクを押しながら坂を上った。

必死で漕いでいる友人の背中が小さくなってゆく。

 

呼吸が整ったところで再び漕ぎ始めて再び坂を進み、絶景ポイントで友人と合流。

 

 

 

 

聞くところによると、8%の斜度だったらしい。

驚いた。

自分には厳しい筈だ。

6%でもまだしんどいレベルの実力なのに。

 

でも、度重なるヒルクライムで少しコツを掴めたように思う。

新しい目標ができた。

 

走り始めた朝には殆ど車もバイクも少なかったが、次々にカルスト台地に延びる曲がりくねった道を爽快に走り去ってゆく。

殆どのドライバーの口角が上がっているように見えた。

 

まるでニューモデル車のプロモーションビデオのワンシーンを見るようだった。

 

初ライド。

かなりの挑戦、頑張りました!

挑戦をした清々しさと共に本日より制作活動を始動しました。

 

今年もライドやトレッキング時に見たもの、浮かんできた感情、などあらゆる善きものが自分のフィルターを通して形になりますように。

その形と共に皆さまの笑顔と沢山出会えますように、励みたいと思います。

 

今年もまた、どうぞ、よろしくお付き合いくださいませ。

 

 

 

 

 

2021.12.24

ありがとう2021年!!

 

 

 

本当に本当に、駆け抜けた一年でした。

このようにして一年が感覚的に加速してゆくのでしょう。

 

 

制作の方は、本日で終了して事務仕事を数日しまして2021年の仕事納めの予定。

 

先日訪れた松本で素晴らしい出会いがありました。

モノに出会い、そのすぐ1時間後に作り手に出会ったのです。

 

九州ではあまり目にすることがないこちら。

実は私も存在すら知りませんでした。

 

 

 

これは御神酒の口と言いまして神棚のお正月飾りらしいのです。

瓶子に少しだけ御神酒を入れてこちらの飾り物を入れると、ふんわりと御神酒と竹の香りがするのだそうです。

松本民芸館のショップコーナーにひっそりと展示販売していたのですが、一緒に旅をした友人は室礼を何年も勉強していて既に知識があり、ずっと探していたものらしく、まさかここで出会うとは思わなかったとひと目見て興奮し始めました。

 

民芸館のスタッフの方が、もう長野県ではこれを作れる方はこの方お一人だけになってしまったのですよ、他にもいろんな型がありますからと販売している場所を丁寧に教えてくださりその足で早速そちらへ向かった。

 

教えて頂いた場所は前日にお詣りをした神社の横の小さなお菓子屋さんだった。

女性が2人で切り盛りしているお店。

5種類程デザインの型の写真がひっそりと貼ってあり、大きさの手頃なものに決めた友人が購入したものを、お店の方が袋から取り出して確認のために私たちにその場で見せて下さった。

それまで私は購入するつもりは全くなかったのだが、実物を見た瞬間、

なんて美しいのだろう。思わず声をあげてしまった。

美しいものが美しい。

そこには神聖な何かが宿っていると感じて、お幾つくらいのどんな方が作っているのか知りたくなり対応してくださった方に尋ねたところ、

「あの人が作ってるのよ。」

とお店にいたもう1人の女性の方を見た。

 

友人と2人、再び驚きの声を上げた。

まさか、男性とばかり勝手に思い込んでいた。

友人も同じように思い込んでいたようでかなりの驚きようだった。

作り手の女性は照れ笑いをしながら軽く会釈をされました。

「とっても美しいです。」

言わずにはいられなかった。

手が作り出す美しさ。

 

長野県で最後の作り手となった御神酒の口の職人さんは、女性だったのです。

母親から伝授した技術を受け継ぎずっと母娘で作り続けてきたらしいのですが継ぐ方が居なくて途絶える寸前だったらしいのですが、新しく技術を学びたいという方が現れたとのこと。

本来は毎年買い換えるものらしいのですが、綺麗に手入れをして翌年も使う方も多いとか。

 

お札を置いたりしているスペースはあっても神棚を設けていない私は、御神酒入れを手に入れるために福岡に戻ってから地元でも有名な仏壇屋さんに赴いた。

 

対応してくださった若い女性は、御神酒の口のことをやはりご存じなかったのですが、奥から女将さんらしき方が

「御神酒の口ね、瓶子を案内してあげて。」

と指示してくださり、いろんな大きさの瓶子に実際に御神酒の口を挿して試しながらちょうど良いサイズを在庫を全部出して選んでくださいました。

「すごい綺麗ですねえ。素晴らしい細工。私、初めて見ました。

勉強になりました!ありがとうございました!」

と気持ち良いご挨拶をしてくださり、嬉しくなって思わず旅先での出会いの話を女将さん交えて話をしてお店を後にしました。

 

旅の出会いは、後で思うに出会うように導かれていたとしか思えない偶然が幾つも幾つも重なって出会っている。

それは、金銭で買えないとても価値あるものといつもそう思うのです。

 

友人の知識のおかげで美しいものに出会い、親切な民芸館の案内で販売元へ出向き、更に作り手にまで出会えたこと。

とっても嬉しくて、なんだか来年は良い年になりそうな予感が込み上げてきました。

 

2021年もあとわずか。

今年も無事に終われそうで安堵しております。

今年も沢山の方々に出会い、沢山の優しさや笑顔に出会えました。

改めまして心より感謝申し上げます。

 

どうか迎え来る年も、皆さまにとって健やかで笑顔と沢山の出会いに恵まれる素晴らしい1年となりますように。

 

少し早いですが、本年のご挨拶とさせて頂き2021年の締めくくりとさせて頂きます。

 

2022年にお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

2021.12.16

信州松本の旅 その2

 

 

 

 

 

 

名残惜しいホテル滞在でしたが、時間がないこともあり早々のチェックアウトをして、翌日、向かったのは開館時間まもない到着を狙って松本民藝館。

 

 

 

 

 

佇まいも静やかでさりげない松本民藝館は、閲覧後にはやはりどっしりとした感覚が残りました。

 

 

 

 

かつて民藝のギャラリーショップに勤めていた友人は、テンションが一気に上がり、マスク越しに熱気が伝わってきました。

長野県のみならず、人々の生活に根づいていた玩具や衣裳や生活のもろもろ道具たち。

手を動かし続けた方々の名品が、自分に謙譲の心を強く認識させて下さいました。

 

そのあとバスにて国宝松本城へ。

 

 

 

城にはあまり詳しくないのだが、やはり美しいと感じました。

背景には日本アルプスが白い雪を被り、九州の山々とは全く違う顔をして青空に映えていました。

 

多少トレッキングをしていますが、松本城の天守までの階段はかなり危険な箇所が多く、階段の高さもなかなかでお年寄りの方には、登るのは難しいだろうと思われました。

2段目は前面が傾斜しており滑りやすいので気をつけてください。

頭に注意して一段一段がかなり高いです、ゆっくり登ってくださいね。

この階段は先程より低くなっております。

随所でずっと注意喚起の声かけをしてくださるたくさんのスタッフさんには、本当に感激しました。

無機質なアナウンスのテープを一日中流すのではなく、人が人に声をかけてくれるのです。

これが本当の人を思うサービスだと。

 

近い将来、この声かけは味気ないロボットになるのだろうか。

人が声をかけてくれるこのスタッフさんの時に来れてよかったとしみじみ感じました。

 

 

 

 

 

 

駆け足ではありましたが、濃密な時間を得られた旅でした。

とにかく松本の人々は皆さんすごくすごく感じがよくて親切で、終始感激しておりました。

 

自分が見ず知らずの旅人にあんな風に親切に笑顔で対応できているだろうか。

 

最後に松本民芸館で出会った柳宗悦氏のこの言葉。

この言葉は沁みました。

 

 

 

 

いつも新鮮な思いでモノを見よ。

そののちに今まで見えなかった姿が現れる。

 

「心偈」。