INFORMATION

daily life

2021.06.08

丘の上に住む人々

 

 

 

 

 

 

朝陽の綺麗な静かな朝だった。

 

アトリエに向かうため駐輪場からゆっくりと自転車を押しながら、いつものように後輪の空転する小気味良いラチェット音と共に気分よく歩いていた。

 

前方に左半身を杖で支えるようにして立っている白髪の女性が、下り坂の道の前方をじっと見つめている姿が見えた。

何を見ているのだろう。

なんとなく邪魔をしてはいけない気がして、いつもより時間をかけて自転車を押し進めた。

 

白髪の女性の先には、スーツ姿に身を包む若い女性の後ろ姿があった。

坂道を下る後ろ姿をずっと熱心に見つめている。

若い女性は下り坂を下り切って角を左に曲がる時、まるで白髪の女性が立っているのが見えているかのようにして、ちらりと坂の上を見上げて小さく手を上げた。

それを見ると白髪の女性はゆっくりと右手を杖から離し、手を少しだけ上げて合図をした。

「いってらっしゃい。」

小さな声が聞こえた。

 

おはようございます。

 

あら、おはようございます。

 

私の気配にやっと気づいた白髪の女性は、優しさに溢れた笑顔で何か私に言いたそうな素振りを残したまま、ゆっくりと一軒家の門の前の方へと歩いて行った。

 

生きてきた気品のようなものとしての軌跡ともいえる皺と白髪。

その笑顔は柔らかい朝の陽射しに映えてより一層光るように見えた。

自分は将来、こんな笑顔を他人に見せるような人間になれるのだろうか。

いつものように自転車で坂道を駆け下りながら、つい先程見た坂の上から見送っている白髪の女性の後ろ姿と笑顔が、心の中にいつもと違う静けさを与えた。

 

 

 

 

 

 

曇り空の朝。

 

今朝は、若いお母さんが坂の上から坂道の下の方を見ている。

若いお母さんは、短く手を振った。

しばらくするとまた手を振った。

近づくと坂道をランドセルを背負った小さな女の子が、ジグザグに歩きながら何度も振り返ってお母さんが立っている方角を見上げているのが見えた。

その度にお母さんは、にこにこしながら手を振る。

下り切った坂道の角を左に曲がる時、女の子は最後にもう一度お母さんを見上げて大きく手を振って走り出した。

お母さんも力一杯手を振っていた。

 

おはようございます。

 

あ、おはようございます。

 

口元に我が子への慈愛に満ちた笑顔の余韻が輝く素敵なお母さんだった。

 

誰かに後ろから見守ってもらっているという安心感は、人を信じるという心を育てるのかもしれない。

人が本来持っている優しさという温かさが湧き出るような気がした。

 

 

坂道の上に住む人々。

それは一見不便な生活のようだが、平地に住む人々とは少し違った時間の流れがあるように思う。

 

坂の上から見送る人と見送られる人が心の中で会話したこと。

ひとり坂道を下りる時、そよ風と共に歩き、会話したこと。

暮らしゆく中でそんなことをいつしか思い出すそんな趣きが積み重なって生きてゆくことは、とても素敵なことであるような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.06.05

満足という豊かな循環

 

 

 

 

 

どんより天気や雨の続く湿気の多い季節、梅のさっぱりした酸味が恋しくなる。

そうそう。

昨年漬け込んでいたアルコールなしの梅ジュースが飲み頃になっているはずだ。

保存瓶陳列棚から下ろしてみることにした。

 

 

 

 

 

 

梅の果肉は取り出してコトコトと煮詰めて、少しだけ蜂蜜とブランデーを入れてみたところとってもいい感じのバランスになり、思わずにやり。

 

これは、カマンベールと相性よさそうだ。

もしくは。

白ワインのゼリーにソースジャムとして載せて、ベランダで培養中のミントの葉を飾り程度ではなくたっぷり盛り付けよう、さっぱりとした食後のデザートシメになりそう。

ならばこのデザートのためのメインは何がふさわしいか。

メニュー会議を始めてみた。

食べたい。作りたい。

頭の中の空が、一気に青空に変わったような気がした。

 

巷では、時短家事目的の便利調理器具があふれている。

便利な器具を使い時間を確保し、やるべきことやりたいことに集中するのもよかろう。

私自身はというとフリーランスの特権を活かして、なるべく行為自体の時間も含めて楽しもうと思うタイプなので、レンジも炊飯器も電気ケトル、トースターも全て処分した。

キッチンはびっくりするくらいすっきりなった。

キッチンのスペース以上に明らかに心の中の空間が広がったという感覚が衝撃的だった。

テレビのない生活は気がつけば10年に。

だからといって不自由さを感じた事はない。

 

自家製なるものを少しずつ増やしてゆくと味覚が冴えてくる。

正確には、区別がつきやすくなると言った方がよいだろう。

たまに気分を変えたくてできあいのものを購入することもある。

?ちょっと違う…何が違うのかなあ…

 

裏面の賞味期限の日付を見ながら、期限内に消費してしまう自信のなさが充満してくる、次に食品ロスの言葉がよぎる。

買ったその日にのうちに気分で買ってしまったことを後悔するという結末になる。

 

決して自家製が美味しいという自慢話しではなく、ただ食して自分の安心する味であり、満足感が得られるということだけ。

 

この満足感というものは、きっと時間をかけて作ったというところが大きいのではないかと思う。

満たされるには、手間と時間を惜しまないということが基本ではないだろうか。

 

それはあらゆることに通じているように思う。

 

簡単に手に入るものには、気持ちの置き所がなく簡単に捨ててしまいがちだ。

全ての時間には奥行きが内在している。

そこは、気持ちや心が寄り添う最適の場所だと思う。

誰かが誰かのために使った時間。

その時間を味わうことができる豊かさが人を真に満足させる最大の力。

満足という豊かさの循環が途切れない、そんな世の中であり続けて欲しい。

 

モノ作りの端くれがそんな願いを心に思ふ、水無月の今宵も曇り空。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.05.28

It’s a small world !! Something great is anywhere.

 

 

 

 

 

以前住んでいた場所での暮らしは、親しくさせてもらっていた素敵なお花屋さんが近くにあったこともあり、切り花を飾るのが楽しみだった。

 

今住んでいるところは、ベランダも以前より広くなり部屋も少し広くなったので観葉植物の世話をしながら暮らしてみる!に挑戦することにした。

 

 

 

 

 

実は、若い頃から観葉植物をなかなか上手に育てることができず必ずといってよいほど枯らす人間なのだ。

大半が水のやり過ぎ。

もうずっとコンプレックスが先にたち、なかなか観葉植物に手が出せないでいた。

昨年、越してすぐにチャレンジしたのが苔玉のコウモリラン。

水やりのタイミングが非常に分かりやすいので、今では迫るほどに新芽がぐんぐんでてきて、当初よりかなり派手ななりのコウモリの姿になり、葉の先端が壁につかえながら天井から揺れています。

それから少しずつ初心者向けの観葉植物を増やして、どの植物も元気に暮らしている。

もう、私の中ではかなりの進歩!

 

そうなるとちょっと欲が出てきまして、10日ほど前にリビングのシェルフの中のために小さな観葉植物が仲間入りした。

ショップで目が合った小さなソテツ。

ソテツは鹿児島の小学校の職員室の近くの校庭に立派なものがたくさんあり、当時住んでいた家の庭にもあった、親しみがある上に懐かしさが込み上げてきた。

子供の頃、ソテツの葉でカゴを編んで遊んでいた。

今は全く編めない自信がありますが。

ソテツには赤い実がなり、その実にお猿の顔を描いた民芸品が売っていたのをふと思い出した。

父の仕事の関係で転校することになり町を離れる日、仲の良かったクラスの子たちが港までお見送りに来てくれて贈り物をもらった。

動き出した旅客船の中で箱を開けるとソテツのお猿たちが何匹か入っていた。

 

そのあと何回も引っ越しを重ねて、あのお猿たちどこに行っちゃったんだろう。

ごめんね。みんな。

そんな懐かしさとノスタルジーが充満してきて、ミニソテツはぜひとも我が家へ。と、連れて参りました。

 

隣にいるのはブラジルに自生するというミカド。

こちらはすっと伸びた茎の先端にドライフラワーのような小さな小さな花が咲いている。

ちょっと他の植物とは佇まいが粋でサマになるシルエットに一目惚れ。

 

 

 

 

ツツジ科のカルーナ。

北ヨーロッパに生息するらしい。

じっと眺めていると小さな森のようで、もしや小人が住んでいるのでは?とちょっとわくわくする。

 

 

 

 

 

多肉植物セダムのチョコレートボール。

もうしばらくするとシックな銅色の葉から、落ち着いた黄色の花が下がるようにして咲くようだ。

深い秋のような色調と下がるようにして咲く姿が早く見たいと、背の高いフラワーべースに鉢ごと乗せました。

どうぞ心置きなく咲き進んで欲しいものです。

 

 

 

 

 

どれもシェルフの中に収まる小さな観葉植物。

切り花とは違う小さな世界がとても愛らしい。

本当は、盆栽に興味があるのだがまずは観葉植物ときちんとお付き合いができるようになってからということで、ただいまベランダのグリーンと家の中の観葉植物たちと共存生活開始です。

 

朝、目が覚めるとまずは窓を開けて、ベランダのグリーンたちの様子を伺い必要そうならば水をやる。

家の中の観葉植物は、天気の良い日にはベランダに出して日光浴させたままアトリエに出勤。

アトリエから戻ると、ベランダでグリーンたちの様子を見ながらしあわせなお茶タイム。

 

少しずつ様子が変化してゆくのです。

どうぞ、長生きしてください。

と、話しかけている日々。

そして、

偉大なる何かは、すぐそばに常に在る。

植物を見ていると、そう確信するのである。

 

 

 

 

2021.05.16

ピアノコンチェルトとカフェメランジェ

 

 

 

 

 

週末、ロシアのピアニスト、ダニール・トリフォノフのピアノコンチェルトをYouTube にて聴いた。

 

気にはなっていたアーティストだったが、ここのところの変化した生活で、すっかりコンサートとも縁遠くなり忘れかけていたところ、偶然、知り合いが薦めてくれてハッと思い出した。

 

 

 

 

 

演目は、ラフマニノフのピアノコンチェルト第三番。

 

YouTubeのメリットは、演奏者のクローズアップ。

目視できない程の白く長い指の動きと、鍵盤の右端から左端までを行き来するしなやかさと演奏者の全身表情。

こんな曲だったかなあ。

繊細でキレがあり、優美。迫力と凄み。

演奏者が変わると、全く違って感じるのがクラシックの醍醐味。

何百年演奏され続けているというのに新しくあり続ける。

古びない。

とてつもない境地。

だから、さほど詳しくない私のような人間でもそれなりに楽しむ寛大さがあり、常に入り口はワイドオープン。

 

演奏者が立ち上がると、思わず拍手しそうになった。

 

嗚呼、生演奏聴きたい…

 

オーケストラを聴いたのはいつが最後だっただろうか。

そんなことを思っていたら、ウィーンの街を思い出した。

ウィーンへ旅した時、列車でハンガリーのブダペストへと足を伸ばした。

 

あの時あちこちのカフェで飲んだ、カフェメランジェ。

美味しかったなあ。

 

旅から帰ったらすっかりはまってネットでミルクスチーマーをゲットし、カフェメランジェタイム楽しんでた。

 

なんだか喉渇いてきた。

そうだ!

しばらくぶりにカフェメランジェ作ってみよう。

カップはあれにしよう!

ブダペストで見つけたかなり個性的な食器ブランド、ピップコレクションのデミタスカップアンドソーサー。

ピンクとブルーと金の3色使い。

ソーサーもカップも全面にかなり盛りだくさんの絵付けだが、柄の配分と色の濃淡全てのバランスが絶妙でうるさく感じない。

この不思議なバランス感覚に感激し、珍しいお買い物選択だったが今でもお気に入りで、カップのイメージに合いそうなお客様がお見えになったらこれでお茶をお出しすると、決まって驚かれる。

 

どうやら、私はこんな食器を持っていそうにないように思われるらしく、まさかこんな食器が私の食器棚から出てくると思わなかった。

おおよそ、そのような感想を耳にします。

個人的には、そんなお客様の反応を楽しんでいる節がある。

 

コーヒー豆を挽いて、コーヒーが落ちる頃に合わせて、同時に沸騰させないようにゆっくりミルクを温め、適温になったら勢いよくスチーマーで泡立てる。

カップにあわあわのミルクをなみなみと溢れ出さんばかりに盛る。

ぷるぷると揺れる泡のミルクを見ていると自然と笑顔になる。

ふわふわのミルクの上からそっとコーヒーを注ぐ。

ミルクの泡とコーヒーが混ざり合う音を聞く瞬間は、幸せ感たっぷり。

カフェメランジェは、飲むより作る時間の方が幸福感を得られる飲み物ではないかと思う。

 

コンサート後のカフェメランジェタイム。

 

今夜のコンサート、よかったなあ。

 

でも、やっぱり生演奏聴きたい。

 

それでもこうやってYouTubeでコンサートを聴けるのだから、今の時代だからこそこの生活もかつての楽しみと置き換えながら、気持ちの置きどころを変えながらバランスを崩さずにやってゆけるのかもしれない。

 

でもなあ、やっぱり生演奏聴きたいなあ。

どんなにリアル感があっても、人と人が作り出すエネルギーを肌で感じる、あの感覚にはなり得ない。

現実と仮想現実は比べられない次元にある。

そう思うのである。

 

 

 

 

 

 

2021.05.13

ハーブのブーケと素敵な贈り物

 

 

 

先日、来客中に軽くて大きな箱が届いた。

箱を開けるとふわっと良い香りの花束が、まるで白い紙のおくるみに包まれたふわふわの赤ちゃんのようにして入っていた。

 

 

 

 

 

そっと取り出すと、素敵なハーブのブーケだった。

一気にお部屋中が、爽やかなハーブの香りに包まれて深い深呼吸をひとつ。

ちょうど居合わせたお客様は、ボタニカルアートを専門としたイラストレーターだったこともあり、2人でしげしげと眺めいりつつ、くんくんと爽やかな香りを満喫した。

 

高知のハーブ園からで送り主は友人の名前だった。

その日は私の誕生日。

 

送り主は、年齢は私よりも随分若いのだが親しくさせて貰っている遠くに住む友人で、妹のような存在でもあるけど、しっかり者。

初めて会った時にお話ししててなんだかとっても興味を持つものが似ているなあと思っていたら、のちに同じ誕生日だと分かりぐっと親近感。

以来、よいお付き合いをさせて貰っている。

 

ハーブのブーケがこんなに贅沢な気持ちにさせてくれるとは、頂いてみて改めて感じたことです。

 

そして、別便でもうひとつ贈り物が届いた。

開けたらびっくり。

絵本だった。

 

これまで友人と話した事はなかったけれども、先日の私のブログで絵本に興味があることを知って、再び親近感を感じてくれたらしく友人の大好きな一冊の絵本とお茶が入っていた。

こんな時期だけどささやかなjoyを見つけて過ごしましょう。

 

そんなメッセージを貰った。

 

贈り物選びは、なかなか難しいものではある。

でも、相手の好みや喜びそうなものを知っていると、選ぶのも結構楽しい。

 

一年に一度の誕生日。

女性は、年齢を重ねるのを嫌がる方がいますが、私はいくつになっても健康に迎えられたら嬉しく思うものです。

 

素敵な贈り物をありがとう。

 

そして、世界中の5月生まれのみなさんへ。