INFORMATION

2017.09.02

山口個展のご案内はひとつ戻ってね!

 

 

 

無花果。

 

 

 

 

 

漢字を見ていると、花の咲かない実なのだろうかと思ってしまうが、我々が食べているいちじくは、実は花の部分であるらしい。

 

 

無花果は大人の果実だ。

 

若い頃にはあまり好んで食したいとは思わなかった。

でも、当時から憧れの大人の女性たちは、無花果が好きだとよく耳にしていたので、季節になるとちら見して果物売り場を素通りしていた。

果物たるもの、滴り落ちるような果汁がなければ。

そんな風に思っていたのかもしれない。

自分そのものが、青い果実だった。

 

 

皮は薄く必要以上に触っていると痛みやすい、食すと決めたときにふわっと握り、さっとナイフを入れる。

中から深い秋色の抽象画が現れる。

 

自己主張の過ぎないほんのりした香り、器をまとったときのサマ、舌触りと甘さのバランス。

他の果物にはなかなかないバランスだ。

今は、そんな風に思う。

 

 

 

どんなに遠いところにあなたはいるの、果実よ。

わたしはあなたの心のなかにひそんでいます、花よ。

 

インドの詩人、タゴールの詩より

 

 

ああ、秋だなあ。

 

どうかこのまま、おとなしく秋に突入してほしいものだ。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る