INFORMATION

2017.07.16

心の入った手仕事

 

 

毎日、ぐったりなるほど暑い。

毎年のことながら、ぐっしょり汗をかきながら制作をしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日、二回のシャワーと一回のバスタイム。

仕事を終え汗を洗い流し、エアコンの効いた部屋で過ごす時、ああ、今日も充実した1日を過ごせたと、充足感が体中をめぐる。

 

こういう瞬間、やはり白い花やさわやかなグリーンが室内にあるだけで、涼し気な気持ちになり心底リラックスする。

 

 

これは、山梨のガラス作家さんのテトラというタイトルの花器。

一目惚れだった。

ところどころを模様のようにクリアーに磨きをかけてあり、この季節に見ると水中の茎の部分が風に揺れているように見え、なんともいえない涼感を得られる。

 

目の前をさわさわと風が通り過ぎていくような感覚になる。

 

冬は冬で、雪でけむる空の下にキリッと咲いているように見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花器は好きで、卓上の小さなものから、窓辺に置ける大きさ、床置きほどの大きさと気がつけばちょっとしたコレクション?というくらい集まってしまった。

 

どんなにフォルムが気に入っても花を挿し込む口の部分が程よい細さ加減でなければ、花を美しい姿でさすことができない。

花器の中に収まる茎の先端のスペースもいい塩梅に確保されそうか。

その時の花の角度が複数とれるなら尚良し。

 

買いあつめながら失敗しつつ、自分なりのポイントをやっと心得て判断できるようになってきた。

 

この花器は、作品のディスプレイとしても重宝するだろうと即決した。

ボディに見立てて、ほっそりとした首の部分にチョーカーを展示したり、ブレスレットを何連も展示したり。

 

いつも思うのだが、クリエイターの作ったものは、用途がひとつではおさまらない表情がある。

 

 

常に使い手に語りかけてくれてる。

 

それが、心の入った手仕事である証しなのだと思っている。

 

 

自分の作ったものも、そんな風に誰かの元で時におしゃべりしてほしいものだ。

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る