INFORMATION

2017.05.12

価格をつけられない情報

 

 

 

渦巻く情報。

真に望む情報とは、誰もが共有出来る無料のものの中には存在しない。

リビングに居ながらにして、指や目を動かすたやすい方法で得られる情報に、稀少な価値ある情報は皆無に等しい。

そう思っている。

これは、個人的な実体験にもとづく、あくまでも個人的な考えである。

 

 

 

 

この仕事を始めた頃とほぼ同時期にパソコンが一般家庭に普及し始め、検索エンジンがこんなに便利なのかと世の中が一気に近く感じたような気がした。

私は、その頃どうしても欲しい彫金資材が国内で手に入れられず、毎年少ない仕入れ資金を持って、勉強も兼ねて海外のあちこちを訪れ仕入れをしていた。

ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、パリ、ロンドン、ミラノ、バルセロナ、フィレンツェ、プラハ、ストックホルム、コペンハーゲン、アムステルダム、バンコク…あちこち行った。

 

現地に住んでいる方で現地のことはなんでもお聞きください。そんな方にも唐突にもメールしたり、あらゆる検索方法で資材屋を探しまくった。

しかし、そうやって揃えた情報の店に行っても望むものの仕入れはできなかった。

それでも、帰国時には必ず実りある仕入れが出来て満足して戻り、翌年は別な都市へと仕入れに出かけていく。

それを繰り返していた。

とりあえず用意していった情報が、自分にとって不向きであると分かると、その瞬間から地図を片手にとにかく街を歩き回るのだ。

 

滞在日数は限られているので、エリアごとに大きく分けて毎日歩き回る。

そうやって動き回ることで、すれ違う人たちのファッションや飲食店に入っている人たちの様子、雰囲気などでそこはどんな人たちが住みどんな店が集中しているのかが掴めてくる。

慣れてくると、初めて訪れる街でもそこが自分にとって時間をとって歩き回る必要があるかどうかが、カンが働くようになる。

現地の感度のいい人たちの話題のスポットも掴めてくる。

 

そうやってたどり着いたお店で買い物を済ませてから尋ねたり、場合によっては自分が身につけているアクセサリーに興味を持ってくださって会話がはずみ、教えて貰う情報でたどり着くこともあった。

 

ある時、はっきり気づいた。

 

自分が本当に欲しい情報は、自分の足で稼がなきゃいけないんだ!

情報はタダではないんだ!

実際にそこへ出向き、見て、誰かと会い、話し、そこに身を置くことで感じる。そのことは、情報のふるい分けの判断力を鍛えてくれる。

 

毎回、その思いは強くなり、今では自分の信念になっている。

と同時に、簡単に情報を得ようとしていた若い頃の自分を恥じた。

 

それだから、経験や実体験に基づいた貴重な情報を教えてくださった方には、きちんとお礼の言葉を伝えるようにしている。

 

検索して得られる情報は、ある種広告意図も含まれたもの。

なので無料だ。

しかし、専門の方が持つ情報は、無料ではない。

その方のお金と時間、肉体が使われ、実体験と知識、教養、全ての元に成り立って判断された貴重なものだ。

価格がつけられない重みがある。

 

 

どんなにスピーディーな時代へと進化しても、

たやすく得られる情報との適度な距離感を持ち、支配されることなく生きようと思う。

 

自分のアンテナが反応する。

とにかく実際にそこへ行ってみよう。

現物を見て、触ってみよう。

早速やってみよう。

それから、判断しよう。

 

それが、これまでの仕入れの旅を通して自分なりに得た、自分の生き方の軸になっている。

ちょっと大げさだけど。ね。

 

それでも私にとっては、自分なりにお金と時間をかけて得た確かな自分軸なのです。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る