INFORMATION

2017.03.24

愛着のある街

 

 

博多湾。

 

関東方面から福岡への飛行機は、この湾の上空を飛んでゆく。

福岡のキーウエスト。志賀島へと続く両サイドを海に挟まれた一本道を超え、機体が大きく傾き着陸態勢となる。

 

 

 

 

博多湾に反射する夕刻の水面を上空から眺めるのが、なかなか好きだ。

飛行機席はいつもアイルシートをリクエストするが、帰り便は決まって窓側の席に座り、この辺りの上空に近づくとipodでお気に入りの曲を選曲し、小さな窓に額をぴったりくっつけて眺め入る。

 

今はこの湾の一部は埋め立てられ人工島となり、高層マンションが続々と建ち上がり都市計画が進められている。大きな病院も移転した。

 

 

 

街は進化し、装いを変えてゆく。

かつてこの湾の一部には蒙古軍も攻めてきた、千利休も訪れた。

 

この頃では、タイタニック号よろしく異国の豪華客船が定期的に停泊している。

 

就職のために越してきて初めて福岡に住んだのは、博多湾が見下ろせる東区のマンション、会社の寮だった。

この街での生活がもう30年近くが経とうとしている。

 

 

到着した空港では、あちこちで博多弁が飛び交う。

どこ行ったと?

こっちは、天気悪かったばい。

車、あっちに止めとうけん。

疲れたやろ?

 

すれ違いざまの博多弁に思わず緊張が解け、誰にともなくつぶやく。

ただいま。

マイホームタウン。

 

長年住むと、装いや景色が変わっても愛着がこびりつくものだ。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る