INFORMATION

2017.02.24

変身する春たち

 

 

雛人形のような一輪挿しに出会った。

キッチンや本棚の隙間、カフェテーブルの上、どこに置いても優しい乳白色が花の色を引き立てる。

 

花が挿されていない佇まいは、建築の始まりをイメージさせる柱のようで美しいフォルムだ。

 

 

 

我が家には今、いろんな春がいる。

茎も蕾も咲いた花も、そして風に揺れる姿も、終始可憐な花で、一目惚れ。

 

 

 

やっぱり春の花の王道は、チューリップ。

花弁の先端がすっと尖った新種で、蕾の時間はかなりスタイリッシュな形だったが、咲くとかなり大胆な形に変身する。

その変身ぶりが醍醐味のチューリップ。

そこが、好みだったりする。

 

 

 

 

 

 

寒い時間からふかふかの春の時間へと進む。

心も変身、したいですね。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る