INFORMATION

2016.11.24

昇華された時間の到達点

 

 

 

たとえば何かに到達するために、少し速度を稼げる手段を持っていたとしよう。

それは、まるで自分の手足のように操れるほどに馴染んでいるもの。

道具と云われるものは、おおよそそんな位置付けであろう。

 

 

pa310110

 

 

道具の少しの故障は、途端に効率を下げるだけでなく、気持ちがそぞろになる。故に到達への直進的な動きが不安定になる。

 

いち早く到達することだけがよしではない。

そんなことが少しずつ理解できるようになってきた。

道具を操ることを手放してみる。

その時生まれた時間の中には、もうひとつの時間が新しい顔をみせる。忘れていた時間でもあり、未知の時間でもある。

 

なんどでも、いくつでも、新しい時間が生まれてくる。

まるで軽い興奮と高揚が交互に体中を満ち満ちてゆく。

 

 

道具を休ませる時間を与えてみよう。

 

もうひとつの時間が立ちのぼり対面する心地を満喫してみる。

それが、きっと豊かさへと昇華してゆくことであろう。

 

 

INFORMATIN一覧に戻る