INFORMATION

2016.08.11

無意識という顕在的行動

 

 

8ヶ月位になるだろうか。

 

ヨガを始めた。

外からの情報だけしか持たない時分は、なんとなく宗教的な匂いと閉鎖的なイメージを勝手に抱いていたのだが、体験初日にその無知な勘違いは払拭され、これは自分に向いている!!と直感で感じた。

事実、クラスに行くのが楽しみで週4日時間を確保して通っている。

生活も一遍した。

 

 

たんぽぽ

 

 

 

 

ヨガを始めてこれまで意識をしていなかった気付きと変化を多く得た。

他人にうまく説明ができない部分での気付きと変化だが、今日のクラスのなかで先生が引用した哲学者の言葉がそれらを言葉として伝えるのにとてもぴったりくると感じた。

 

自分の外ばかりを見る人は、夢を見る。

自分の内を見る人は、目醒める。

 

 

内を見る静の時間を得ること。

私は仕事上ひとりで制作するので静の時間は多い方だが、体の力を抜き心を解放する時間を得ることとはまた別で、できそうでこれはなかなかに難しい。

 

今日のクラス終了後の先生との雑談のなかで、日本で初めてヨガを伝えた人は、中村天風氏でこの方の本はおすすめだと話してくださった。

 

驚いた。

私は7年ほど前に中村天風氏の教えをまとめた本を一冊読んでいた。

定期的に本は売ってしまうのだが、この本は感銘を受けたので手元に置いておこうと決めているものだった。

 

呆れたことに、それがヨガの話とは当時ピンとこなかった。

しかも、始めて8ヶ月も経つ本日までヨガと接点があるなんて1ミリ足りとも感じてなかった。

 

人間が無意識で行っている行為は、すべて意味がありそれが最も自分の存在に忠実な目醒めた自分の行いであるのだろう。

 

どんな時でも軽やかに浮遊するほどに心を解き放てるようになれれば、どんなに自由を感じられることだろう。

 

それが目醒めた自由人なのかもしれない。

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る