INFORMATION

2016.03.24

明日の太陽

 

 

 

青空の下でテントを張って営業している八百屋が、我が家の食材を支えている。

新鮮な芽キャベツやしっかり詰まった小ぶりなトマト、元気のいいクレソン、丸々太ったアスパラガス、ピッカピカのいちご。

八百屋にも春満載。

なんだか野菜たちを見ているだけでウキウキするね。

 

asahikari

 

 

 

 

明るいうちに食事の準備を始めたら、どうにもワインに合いそうなメニューになってしまった。

お祝いに頂いていた赤ワインの栓を抜くことにした。

滅多にうちでは飲まないが、ここのところずっと立て込んでいて息をつく暇がなかったし、たまにはいいっか。

夕刻近くになると、気温がぐっと落ち込む。カーテンレースを引くために部屋を移動したら、日没前の光が壁一面に射していた。

 

まだ、こんな時間だったのか。

 

こんな時間に聞く音楽は、聞き馴染みのある曲だというのに、ずいぶんと違って聞こえる。

 

季節がまた巡ったなあ。

 

今日の太陽、さようなら。

明日の太陽、絶対来てね。

 

3月もいよいよ終わる。

 

 

INFORMATIN一覧に戻る