INFORMATION

2016.03.17

春の報らせ

 

 

親友の誕生日。

別な友人の敬愛なるお父様の死。

知人の婚約。

親戚の受験合格。

先週末より、悲喜こもごもな報らせが日替わりでやってきている。

 

 

 

seifuku

 

 

 

昨日は急に思い立って、いつもより少し早いがこれまでの冬のカーテンを外したくなって、春夏のカーテンに入れ替え、クッションカーバーや椅子のカバー、一気にお部屋の衣替えを行った。

 

今朝、目がさめると太陽の光がやんわりとカーテン越しに入り、部屋が優しい明かりに包まれて、時計を見ることなく夜明けを知らせてくれた。

 

朝食を済ませると、寝室のお気に入りの椅子に移動し、朝のコーヒーをゆったりと飲む。

春から秋にかけては、太陽をいっぱい浴びながらコーヒーのたてる湯気の向こうに青空を眺める。この時間が至福のとき。

今朝から、早速この時間が始まった。

 

そろそろ秋冬の個展用の制服化しているコートジャケットもクリーニングに出さなきゃ。

そんなことをぼんやり思う。

 

すこし重たい装いから解放されてくると、心も軽くなってくる。

心にも春の報らせが届き、スイッチが切り替わっていく。

 

無常の日々。

そして、きちんとやってくる季節に特別な幸福感を意識させてくれる。

桜の開花が近づくとそのことを強く思う。

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る