INFORMATION

2022.06.16

佐賀個展のご案内は、ひとつ戻ってね!!

 

 

 

 

佐賀個展の明日が搬入で、明後日からスタートに控えた本日は、梅雨の晴れ間で青空が臨めた。

毎回、個展に出向く前日は必ず好きなことをする1日として余白を作っておくように制作スケジュールを組むようにしている。

これを私のためのリラックスデイと密かに名付けている。

 

 

 

ここに越してきてから2年が過ぎようとしているのだが、今回のリラックスデイは、引越し時にとりあえずここに、と納戸に積まれた荷物の整理をすること。

整理整頓は好きなたちである。

その過程の気づきと終わったあとの頭の中と視界がクリアになる感覚が、トレッキングに似ている。

納戸の整理というより、所有しているCDの整理をしたいというのが一番の目的だった。

本に関しては越してくる際に随分と処分したのだが、CDは時間をかけてやりたかったので手付かずのまま納戸で2年間熟成しておりました。

 

楽器は何も演奏できないし、カラオケも苦手ですが、音楽はとても好き。

テレビを持たない生活を始めてかれこれ15年くらいだろうか。

おかげで余白の時間は随分増えた。

その時間には大半がその時の気分に合った音楽が流れている。

ただちょうど越してくる直前にレシーバーが故障し、やむえずパソコンに取り込んだCDをスマートスピーカーで聴くことがスタイルになってしまっていた。

落ち着いたらCDプレイヤーを吟味しようと先送りにしている間に、世の中とメーカー含めスマートスピーカーとワイヤレスヘッドフォンへの市場シフトが加速している。

 

スマートスピーカーで聴く音とCDを再生する有線の音は別なもの。

できれば再生した音を聴きたいものだ。

 

そもそも所有しているCD全部をパソコンに取り込むことは時間的にも労力的にも厳しい。

労力だけではなく若い頃から買い集めたCDを手放すのは心情的にもなかなか厳しく、音楽関係の仕事を長くされていらっしゃる方は、サブスクという時代の流れにどう落とし所をつけているのだろうと他人事ではない思いである。

 

レコードがそうであったように、CDにもアルバムジャケットがあり、アルバムには曲の構成、クラシックならばカップリング、ライナーノーツ。

アーティストのアルバムは、関わる多くの方々の思いと技術の結集、やはりひとつの作品であると思うのです。

 

何を聴こうか、ジャケットを眺めながら選曲する。

ケースから出しレシーバーに置く。

一連の流れ。

贅沢な時間を味わうには、準備、いわゆるアプローチの時間があることがより味わい深いものへと押し上げてくれるものだと思っている。

ひと手間。

 

料理もそうであるだろう、そして生活の全てもそうではないだろうか。

であるならば、人生そのものもそうなのではないか、そんな気がしている。

 

ひと手間が入り込むアプローチ、余白の時間。

余白の時間を作るためには、日々の何かを削るしかない。

 

というわけで、音楽を愉しむための余白の時間、アプローチのために、市場から極端に減ったCDプレイヤーを探す時間を費やすというひと手間を鑑みるリラックスデイとなりました。

 

明後日より佐賀個展、お近くの方はぜひお運びくださいませ。

初日、2日目は在廊致しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る