INFORMATION

2022.05.26

ロケ撮影

 

 

 

 

昨日は、下半期の個展に向けてのDMのためのロケ撮影でした。

 

福岡の今津湾岸の浜にあるクロマツが林立する美しい松原。

生の松原。

本来は元寇防塁のために博多、千代、百道、生の松原と続いていたらしいのですが都市化が進み、現在はここだけが残っているこの生の松原は、個人的にも好きな場所。

一歩足を踏み入れると、とても静かで樹齢100年を越えるクロマツが多く、ここにスッと立つだけでサマになる写真が撮れる。

いわゆる映えるスポット。

 

ここのところ、随分と整備されていて能古島を臨みながら散歩道が西の方へと伸びていて、更に雰囲気が増しているのだが告知が十分ではないのかいつもさほど混み合っていない。

 

 

 

 

今回は、この生の松原をロケ撮影地にしました。

 

ご存じの方は少ないかもしれないですが、実はDMはほとんど私自身が身につけたものを撮影してもらっているのです。

 

当初は、手の綺麗な女性にモデルをお願いしておりましたが、ある時個展会場でお客様が何気なく言われた一言で、はっとして自分の手を撮影した方が誠実な写真ではないだろうか。

若くて美しい手は、それだけで十分なアクセサリー。

でも、積み重ねてきたものが醸し出す力や美、優しさと包容力に溢れたご自身の手をもっと愛して欲しい。

そんな思いで日々作っているのに、若い美しい方の手をモデルにしてしまうとは、なんとも矛盾した上部だけの筋の通らない格好つけた仕事をしているものだと恥ずかしくなったのです。

それからというもの、指の節も男性のようで女性らしさと程遠い、柔らかさのない筋張った手ではありますが、私自身の手を撮影してもらっております。

 

 

 

 

撮影はお客様でもあるアマチュアカメラマン。

海風はとても気持ち良く、撮影は2時間近く。

途中の休憩時間には持参したポットで紅茶を入れておやつを広げて、ちょっとしたピクニック気分でおしゃべり。

遠くには風を味方にしたヨットが何艘も進む様子や海原を流れるように飛ぶ鳥たち。

ここのところ制作詰めだったので、撮影も仕事とはいえちゃっかりリフレッシュもしちゃいました。

 

下半期は、なんと気が付いたら7年ぶりという地元、福岡での個展からスタート。

7月1日からの福岡展。

どんな写真がDMに起用されたのか、お楽しみに!

 

6月下旬ごろ発送致します!

 

その前に上半期最後の個展、6月17日から佐賀展です。

やっと世の中の移動も少し自由な気配がしてきました。

ご案内は、次回に。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る