INFORMATION

2021.12.16

信州松本の旅 その1

 

 

 

今年もあとわずか。

実に2年ぶりに飛行機に乗ってショートトリップ。

行き先は、信州松本。

 

一泊2日とバタバタでしたが、お天気や出会う方々のお陰でかなり効率よく友人と周りました。

今回は、滞在先のホテルも目的のひとつ。

里山十帖や箱根本箱の系列ホテルで松本十帖。

 

 

 

本との濃密な接点を持てる時間と空間を満喫できるホテルで、なんと1万冊以上の本が、滞在者のみならず街の人々も実際に買うこともできるコンセプトホテルです。

 

 

 

浅間温泉の300年以上続いた元の温泉旅館の躯体を生かしつつ、新しいコンセプトホテルに生まれ変わりソフトオープンした松本十帖、松本本箱。

 

 

世界の名椅子や読書灯をあちこちに置いた本箱ブースは、以前の大浴場をそのまま使ったスタイルでお湯ははってないがゆったりとこもって本との出会いを楽しめます。

他にも洗い場の水道蛇口や洗面台などもそのまま残しつつ、珍しいあらゆるジャンルの本や写真集がびっしり。

コドモ本箱のエリアには、こどもが通り抜けられるような迷路のような仕掛けで、こどもたちがまさに絵本や児童書を自ら本を探し出すようなワクワクするスペースになっていました。

ダイニングエリアには食にまつわる本が天井近くまで。

 

インテリア好きな私はとにかくあちこちに点在している世界の名椅子見つけるたびに、座ってみる。

そして、本を物色してうろうろして、また腰掛ける。

 

滞在時間が足りない!

滞在して1時間しないうちに感じた事。

 

 

 

 

 

部屋付きの檜の露天風呂からは、山頂に雪を被った日本アルプス山脈が夕日や朝日に反射してそれはそれは美しかったです。

 

食事も堅苦しさを感じさせないが、おもてなしの心が詰まったもので、温度管理が難しい薪でのグリル料理は素材を際立たせる、美しく味わい深いものでした。

 

眠るのが本当に惜しい。

そう思わせるホテルです。

機会がございましたら、ぜひご滞在してみてくださいませ。

 

松本十帖 松本本箱 公式サイトはこちらです。

 

http://matsumotojujo.com

 

 

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る