INFORMATION

2016.01.16

時の加減

 

 

素材が風化していく過程で、渋みを感じる時の加減というものがある。

若い頃にはその加減が見えず、掴めず、感じずで、イコール、ボロ。

そんな直結公式しか持ち合わせていなかった。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

人の触れた形跡だったり、匂いだったり、温もりだったりが、時とともに記憶され積まれていく。

 

味わい深いものがある。

 

ヨーロッパでは、どこの国も週末になるとフリーマーケットがあちこちに立つ。週末に限定せずとも、毎日営業している屋内マーケットも多い。古着に、食器に、子供のおもちゃ、台所用品、日用品、本、一体何に使うのか意味不明なものまでわんさかある。

この頃では日本でも大きなイベントとして浸透してきている。

初めて異国で見たフリーマーケットでは、楽しみ方がいまひとつ分からなかった。

でも、今は、その国の生活の歴史や習慣、意識価値、民族性のようなものが見えて、なかなかに興味深い。

国は違えど生活の新しい観点が潜んでいる。

 

生活の中で、当たり前として無意識化して行動していることに、一石を投じる。

当たり前であること、最も普遍的なものほど、創造性に満ちあふれていことはない。

改めてそう思える。

 

 

時のほどよい加減を、今まさにゆったりと歩いている素材を発見した。

渋いなあ。

威圧的空気は一切なく、時を受け入れたむしろ堂々たる気さえ感じる。

こんな大人になりたい。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る