INFORMATION

2020.04.28

装うことの力を信じて!忘れないで!vol.4

 

 

 

アクセサリースタイリングコーディネート第4弾!

 

シルバーアクセサリーは黒い服が映える。

そう思われがちですが、実は赤い服にもとってもよく合うのです。

 

 

 

 

 

ちょっといきなりは気恥ずかしい。そう思われるのであればどこかに黒やダークな色がコンビになったもの、もしくはインナーでチャレンジするとそんなにハードル高い試みではありません。

 

赤い服にチャレンジしたら、ついでに大振りのペンダントもチャレンジしてみましょう。

大振りのペンダントもちょっとな。と、思われる方は、ぜひ長さ違いの細めのペンダントの重ね使いをお薦めいたします。

大振りのものが苦手とおっしゃる方のほとんどの理由は、アクセサリーばかりが目立ちそう…といった理由が多いです。

実は、それは身につけた上半身ばかりを鏡に映しているからというのもあります。

まずは、身につけて全身を確認してみることです。

それでも、どこかしっくりこないときは細めのペンダントや細めのネックレスとの重ね使いをすると、きっとすっきりすると思います。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、更に長めのものも合わせた3つのペンダント重ね使い。

思われるほどじゃらじゃら感は、ないでしょ。

 

マキシレングスの甘めのスカートでも、手もとにボリューミーなリングと面の多いバングルをつけることで全体がフェミニンなだけに偏らずにまとまります。

あとは、足元次第!

スニーカーか、ミュールか、夏はビーチサンダル、秋ならばショートブーツにこのスタイルにコートを羽織るのも良いですね。

 

実はこの装いは、私は通年で着ているスタイルです。

冬になると薄手の黒い長袖の上にこの赤いタンクトップセーターを重ね着して、胸元にブローチ。丈の短めのジャケットと合わせたり…

 

きっと皆さんのワードローブにも近いイメージのものがあると思います。

服もアクセサリー次第でいろんな表情を楽しめますよね。

 

 

本日コーディネートしたアクセサリー。

ドレープペンダント

クロスセミロングペンダント 水晶

クロスロングペンダント 水晶

星空バングル

デパーチャーリング シロチョウパール

 

 

 

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る