INFORMATION

2020.02.22

等しく与えられる自然美

 

 

 

 

AM 11:05。

この快晴は逃したくない!と、しばらくぶりのソロ登山。

なぜかいつもより早めに目的地まで到着する。

おそらくおしゃべり相手が居ないので、もくもくと進むからなのだろう。

 

行き交う登山者たちも、案外ソロが多いものだ。

 

 

 

 

 

 

 

折り返し目的地近くの林道。

それまでリズムよく歩いていた歩調を緩めて立ち止まる。

ここでは、背の高い杉の隙間からその日で一番高い位置から太陽がキラキラと覗くので、いつも頭上高くを見上げて深呼吸する。

なんとなくの私の決まり事。

 

ふうむ。はあ〜。

この瞬間が最高に心地よい。

もやもやなことや、遅々として進まない諸々の状況も一気に手放せる。

等しく与えられる自然美。

ありがとう。

心がにこにこマークになる。

 

そしてこのエリアは、太陽の角度なのか木漏れ日がとても魅力的なスポットが多いのも、歩調を緩めるひとつ。

 

ハワイで撮影出来そうなショットが撮影できた。

正午前の陽射しが重なり合う植物たちにも等しく与えられ、素敵なシルエットを落としていた。

 

 

撮影がうまければもっと素敵なショットが撮れるのだろうにと、思いながらあちらこちらの木漏れ日スポットを堪能してふらふらと寄り道しながら折り返し目的地まで辿り着く。

 

折り返し地点で小1時間ほどランチと休息をとって再び同じ林道を歩いたが、あちこちの木漏れ日スポットたち、すこし先ほどと雰囲気が違って見えた。

 

やっぱり、刻一刻と時は進むんだなあ。

今、この刻を味わい尽くせるように生きなきゃな。

 

そうやって、小さな温泉街でちゃぽんとお湯につかり帰宅したのであった。

 

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る