INFORMATION

2019.09.12

秋山、山開き

 

 

 

先月後半はずっと雨に見舞われていたが、もう辛抱たまらん!

そんな気分になり、近郊でせめて終日曇りの日の山はないものかと検索しまくって、しばらくぶりのトレッキングに出かけた。

 

 

 

 

 

 

しばらくぶりのそして初めての山。

駐車場で登り慣れた様子が伺われる方となんとなく目が合い、声をかけてみたところ、この山を100回は登ったと話してくれた。

仕事が夜がメインらしく年間200回はあちこち登るという。

ここは福岡でも最も頂上からの眺めが素晴らしい山だと思う。

 

この言葉で一気にテンションがあがった。

 

しばらくぶりのトレッキングとあってか、はたまた空気中にたっぷりと含まれている湿度のせいか、呼吸が乱れやすく春よりきつく感じた。

 

私の体って、どうしようもなくほっておけばすぐに劣化するのか。

どうしようもないな。

 

そんなことを思いながら、頂上へ着くと一気に気分爽快。

 

下山コースを辿っていると、駐車場でお会いした方と再び遭遇。

 

今回の登山目的は、夏エビネという花を見つけることだと駐車場で聞かされていたが、満面の喜び顔で見つけたと写真を見せてくれた。

 

私の下山コースでもおそらく見ることはできるだろうとのことで、写真を頭に焼き付けて下山した。

 

なかなか見つけられなかった。

 

 

 

そして、なんとひと株だけ咲いていたのです!

 

しかも、大切に大切に囲われるようにして。

 

帰宅してから調べてみたところ、この花は蘭の仲間で、絶滅危惧種に類しているものでした。

 

冠を頭に乗せた貴婦人がドレスをまとっているような可憐な花でした。

 

インターネットのおかげでアウトドアも楽しくなったものです。

登山途中、何度もヤマップにお世話になりましたし。

山で知り合った方とも交流も持てる。

 

 

やはり、新しい世界はわくわくする。

おそらく、自分の知らないことに出会うからだろうと思うのであった。

 

秋山。

山開きの始まり、始まり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る