INFORMATION

2019.07.13

バカンスにつきブログおやすみ

 

 

やっと仕事がひと段落しまして、

週明けからしばらくぶりのオフバカンスに行って参ります!

 

行き先は、スロベニアとドイツミュンヘン。

いつもひとり旅なのだが、今回は親しくさせて貰っているキャンドルアーティストの友人と一緒。

 

 

 

 

 

若い頃は、美術館巡りでクタクタになっていたが、この頃ではその日気が向いたら…そんな旅に変わってきた。

とにかく公園のスケールが日本と違い、散歩がやたらに気持ちよい。

植栽されている木や植物も気候が違うと色も違うし、種類も珍しく、

民家の庭の様子や門扉のデザイン、歩いているだけで頭の中がリフレッシュしてゆく。

日本の街は、看板やネオンサイン、音、とにかく店内では構わないが、街にはみ出しているものが多すぎて、その上道が狭く人も多い。

いや多く感じるのだろう。すれ違うだけでどこか殺気立ったピリピリ感が伝播するのか非常に喧騒がくたびれる。

まあ、地図を見れば分かるが国土面積があんなにちっこいのだから、当たり前といえば当たり前で。

むしろ、大陸つながりでもない海に囲まれたこの国が、ここまで発展していることが驚異だ。

異国へ行くと毎回他人事のようにしみじみ感じる。

 

私は、滞在中にお気に入りのカフェを決めて、朝、行動開始する前に必ず立ち寄る。

何日かすると、カフェの店員がなんとなく覚えてくれ、にこっと笑ってくれ、話しかけてくれる。

街の住人になったような気がしてちょっと嬉しい瞬間だ。

日本でも出張先で同じように決めたカフェに毎朝寄るのだが、覚えてくれてることはあっても、にこっと笑い、話しかけてくれることはほぼない。

国民性か。

コミュニケーション力の違いか。

もう、これもAIが対応するようになるのか。

世界中そうなってしまうのか。

 

 

そうやって、1日をスタートさせて地下鉄や電車を乗り継いでいろんな街に行って、宿に帰りもいちど地図を眺める。

もいちどガイドブックを読み返してみる。

 

なるほどね。

 

と。

普通ガイドブックで下勉強してから行くものだろうが、

ちょっと変な旅のスタイルかもしれない。

 

 

日没が日本より1時間以上長いので、クリエイター同士の目線で、旅を満喫し有意義に過ごしたいと思っているところだ。

 

帰国しましたら、旅の写真アップします!!!

行ってきます!!!

 

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る