INFORMATION

2019.07.08

シアワセフルーツ

 

 

 

 

古い友人が福岡に突然遊びにやってきた。

若い頃からの友人というものは不思議なもので、時間が一瞬にして戻る。

近況を何にも知らなくとも、根っこの部分を捉えているからだろうか、一から十までの経緯など何にも説明が要らない。

でも、話はどんどん進められる。

付き合いが浅いとそうはいかない。

付き合いが長くなると近況はただの通過点、出来事でしかないからなのだろう。

 

 

 

 

生活環境は、変化しても人としての根っこはそう変わらないものだ。

その変化しない部分をベースに時間など飛び越えて話が盛り上がる。

 

名残惜しそうに帰って行った彼女の背中を見ながら思った。

 

 

思考は環境とともに変化するが、人の持つ本質はそう大きくは変化しない。その安心感が若い頃からの友人との付き合いを独特の時間軸で、頻繁に会わずとも強くする。

 

先日もスーパーで実に10年ぶりの再会があった。

 

昨年あたりから古くからの友人知人との再会が頻発している。

あの頃の自分を知っている古い友人、知人は、総合的な意味で自分を客観視できるよいチャンスだ。

 

 

後日、友人の地元の有名な立派なマスクメロンが届いた。

 

いくらフルーツ好きとはいえ、こんな立派なメロンは買って食べることはできない。

頑張ってもカットメロンだ。

食べごろは2日後だという。

思わず興奮した!

好きな大きさにカットして食べれる!

あれをやってみよう。

ひとり、にやりとする。

お行儀はよくないが、スイカのようにかぶりついて食べてみたのだ。

したたり落ちる甘い果汁の匂いと、果肉の程よい食感。

こんな贈り物って人をかなり喜ばすなあと思った。

しかし、ふと思う。

私がフルーツ好きって知っているからこんな選択肢になったのか。

 

相手が喜ぶことが何かを知っている。

そのことがことさらに胸にしみた。

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る