INFORMATION

2018.12.18

 

 

 

16日、日曜日をもちまして無事に大阪個展終了致しました。

 

今年も元気にお会いできた皆様、やっとお会いできたお客様、初めてお会いしましたお客様、本当に楽しく嬉しいお時間でした。

全てに心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって、1年、あちらこちらで個展に伺うのも自分自身の身体が自由に動き、且つ関わって下さる皆様も健やかであり、身体が自由に動ける故のこと。

表には出ないがかなり重要な存在の資材屋さんや業者さん、流通会社、交通機関、宿泊先、数え挙げたらきりがない位に、沢山の方々に支えられている。

もちろん親しい友人たちの存在も大きい。

家族も健康でなければ動きに制限が出る。

 

全てがかみ合わないとひとつを終えることは出来ない。

 

日常のようであるが、実は仕事を終えるということは奇跡的な絡み合いだ。

 

大きく捉えるならば、これが社会の成り立ちである。

 

仕事を通して社会に参加出来ることは、その規模に関係なく喜びである。

優劣もなく、ただただ誰かの喜ぶ顔を見れる我が仕事は、日々励みとなる。

 

私の仕事は、皆さんがおそらくイメージされるより、かなり地味でこつこつ進める作業である。

準備を進めている間は、日々、これで良いのかと自問自答だ。

そんな時、

お世話になるギャラリーや店舗さんのオーナーから、個展の前に言われる魔法の一言がある。

その言葉は、どんなにクッタクタでもみるみるエネルギーを満タンにしてくれる言葉だ。

 

「皆さん、とても楽しみに待っていらっしゃいますよ。」

 

自分の仕事を楽しみに待っていて下さる方がいる!

どんなに励みになることか。

お客様から直接この言葉を頂くこともある。

 

自分が誰かに必要とされていると感じられる瞬間が、人の心を最も満たすのではないだろうか。

 

金銭やモノが、人の心を満たす事には限界があるように思う。

とはいえ、私はその限界のある銀のアクセサリーというモノを作っているのだが、私は、自分が作ったモノを待って下さっている皆さんに会うために行っている。

正確にはこれが正しいような気がしている。

 

作ったモノを介して時間を共有する場。

それがあちらこちらでお世話になっているギャラリーや店舗さん。

これら全ては、時間のつながり、人のつながり、モノのつながり。

全ての礎となっている不思議な力が存在する。

 

縁。

である。

 

ご縁。

 

日本語の中でも特に好きな言葉であると、しみじみ思う年の暮れ迫るこの頃である。

 

袖触れ合うも他生の縁。

 

来年もどこかで会えるまだお会いしていない誰かに会えることを楽しみにしたいと思う。

 

なんだか、今年の締めくくり的なブログになりましたが、まだ終わらない!よ。

 

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る