INFORMATION

2018.09.22

夏の名残香る

 

 

 

雨上がりの午後。

海を訪れてみた。

 

 

 

 

 

賑やかだっただろう海水浴場を眺めていたら、撤収途中の海の家があった。

夏の名残。

日没の近い雨上がりの空が明るいグレーの背景となり、トタン屋根のくねくねしたシルエットが、新鮮に思えた。

 

撮影したかったのは、トタンからポタポタと落ちる雨の雫。

ふん、いまだ写真がへたくそだ。

 

 

若い時分には、賑やか真っ盛りな海にただ行くだけで楽しかったものだが、年齢のせいだろうか、少しピークを過ぎた頃に訪れるとかつては感じ得なかった静かな趣を感じるものだ。

 

ただのあまのじゃくか。

 

著名な映画監督が残した言葉があったような。

 

若い時には、どんなことでも大きく手を広げて受け入れてくれる海を好むものだが、年を重ねるごとに、山を好むようになるものだ。

山では、自ずと広げた手をゆっくりと閉じ、裡を見つめるためであろう。

 

生きる時間が変化すると、好みも変化する。

人は無常の生きもの。

変化する自分自身も、それはそれでよい。

 

 

我が家でも少しずつ夏の名残香る生活の品々を、仕舞い始めている。

 

仕事が終わると、秋を迎え入れる準備を愉しんでいる。

 

 

来週は9月最終週となります。

年内も個展あと2回となりました、来月13日より予定の佐賀展のご案内は次回致します!!

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る